ディズニー リゾート 開園 時間。 【カリフォルニア・ディズニー】攻略ガイド 2020

【WDW】ウォルトディズニーワールド(フロリダ) 攻略ガイド 2020

ディズニー リゾート 開園 時間

Sponsored Link 「ディズニーリゾートに車で行きたい! 」って思うことありますよね。 行きも帰りも楽だし、何よりおみやげを持って帰る時の心配がない。 どんなに大きくても重くても大丈夫っていうのが魅力です。 そこで重要なのが 駐車場。 ディズニーリゾートの駐車場ってやっぱり混雑してるの? 何時頃から行けば入れるの? せっかく行ったのに入れない! なんてことはないの? など、いろいろ気になるところは満載です。 駐車場が混雑していてパークに入る時間が遅くなってしまったら 楽しむ時間も少なくなってしまうのできになりますよね! もし駐車場が 満車で停めれなかったらどうしようという心配もあると思います。 ということで、今回は ディズニーリゾートの駐車場事情探ってみました。 初めて車でディズニーに行こうと考えている方は是非参考にしてくださいね! 目次• アンバサダーに泊まるので、次の日に車をランドに移動させないと、駐車料金が跳ね上がってしまうみたいです😱💦 8:00開園だと、何時頃から駐車場は混み合うのでしょうか? — スペード spade11301 多分ディズニー制限かかるべ。 駐車場一番遠い…行けるだけいっか。 何時くらいから混雑し始めるの?• 混雑状況が気になる• 駐車場からパークまで遠い• パークに近い駐車場に停めたい などの意見が多かったですね。 混雑日は駐車場も行列でなかなか停めることができない• 駐車場に入ったはいいけれど一番遠い場所でパークまで時間がかかる• 駐車料金も値上がりしたので高い• 混雑日は閉演後も混雑するのでなかなか車を出すことができない などでしょうか。 早いうちから入れるとパークの近くにとめることが出来るのですが、 臨時駐車場などになるとパークと正反対の場所になったりして、 歩いて20分から30分くらいかかるという話もありますよね。 また、駐車料金が高い! というのも聞きます。 平日で2500円、休日は3000円。 まあそんなもんだろと思いがちですが、これは1日の値段で、時間使用はできません。 朝から晩まで滞在するという場合じゃないと、数時間利用でこの値段は、ちょっとキツイかもしれませんね。 閉園までいるとなると、また違った悩みが発生します。 出庫するまでの待ち時間です。 あたりまえのことですが、みんながいっせいに出庫するのですから、かなりの混雑状況になります。 また、 周辺道路の混雑もすごいことに! スムーズに車が走るまでに1時間なんてこともザラにあるとか。 早めに出ればいいのでは? 私も断然車派です! 家族で行くとなると 交通費もかかりますし お土産などを買ったりすれば 荷物も多くなります。 何といっても子供が疲れて帰りに寝てしまう事があるので 電車で抱っこはきつい!ということで車で行くことが多いですね。 東京ディズニーリゾート・ギフトカード• クレジットカード• デビットカード• 高さ制限 立体駐車場は2. 2m 車高がそれ以上の場合は、平面駐車場へご案内 料金所の高さは約3. 8m 送迎区画について 送迎のための区画をご用意しておりますので希望する方は料金所にてご申告ください。 いくつかご質問させていただき、適切な場所へご案内いたします。 再駐車について 一度駐車場を出られる場合も、当日同じ車(登録番号車)に限り駐車券はご利用になれます。 ただし、 駐車位置は変更になります。 利用日当日に限り、最初に利用した駐車場で、駐車料金をお支払いいただき、次に利用する駐車場の料金所で駐車券を提示いただければ、2パークの駐車利用が可能です。 利用時間 パーク開園前~閉園1時間後まで。 (入場は閉園30分後まで。 ) 一度駐車場の外に出られる場合も、当日、同じお車に限り駐車券は再度ご利用になれます。 ディズニーの駐車場は何時から?駐車台数は? ディズニーリゾートの駐車場のオープン時間は、公式ホームページにもはっきりと記されていません。 開園前~閉園1時間後 と漠然とした表示がされています。 つまり、 オープン時間はあってないようなものなのです。 どういうことかというと、ズバリその日によって違うのです。 そんな駐車場聞いたことないと思われるでしょうが、 ディズニーリゾートの公式駐車場に限ってそんな特殊な状況もありえるのです。 開園時間も違うように、駐車場のオープン時間も 季節や休日などによって変わります。 平日は5~6時が一般的で、 休日は4~5時くらいが多いようです。 混雑することが予想されている日などは早めに開くこともあるんです。 駐車場の混雑状況はどれくらい? これだけの駐車台数があれば、車で行っても駐車する場所がないのでは? という心配については、まず大丈夫です。 臨時駐車場なども解放されますし、臨機応変に対応してくれるみたいですから。 ただやはり 連休や夏休みなどはかなりの 混雑状態で、のんびり出かけていくと駐車場に入るまでの渋滞などに巻き込まれて、 なかなかたどり着けずやっと着いたと思ったら入場制限が出ていて、パークに入れないなんてことも。 一番混雑する時間帯は 開園前後の時間。 だいたい通勤時間とも重なりますから、周辺の道路自体が混雑することになりますね。 ただ満車の場合でも臨時駐車場などがかなりあります。 リゾートパーキング第1(R1):東京ディズニーランド用• リゾートパーキング第2(R2):東京ディズニーランド用• リゾートパーキング第3(R3):東京ディズニーランド用• リゾートパーキング第7(R7):東京ディズニーシー用(立体駐車場 高さ制限2. 2m)• それは ディズニーリゾートの駐車場にとめないこと。 まず、ホテル宿泊のゲストは問題外ですが、 日帰りの場合 リゾートラインや京葉線駅周辺の駐車場を利用するのが得策です。 パークから遠いエリアで数十分歩かなければならないよりは、 リゾートラインや京葉線に数分乗るだけの方がよっぽど楽ですし、 料金も 時間計算だったり、 1日数百円、せいぜい1000円くらいのところが普通ですから断然お得です。 事前に予約できる所もあるとか。 いろいろな場所にあるようなので、リサーチしておくと便利です! ディズニーの駐車場についての情報まとめ• ディズニーリゾートの公式駐車場のオープン時間ははっきり決まっていない。 基本5~6時が多い。 一番混雑するのはパーク開園前後の時間。 料金が高い、パークまでの距離が遠いなど車利用のデメリットは多いのが現実。 待機場所もトイレもちゃんとあって、寝てるとオープン時にはキャストさんが起こしてくれるみたいです。 混雑日の駐車場はすぐに満車になり入れたとしてもパークから 遠い場所に停めなければならなくなります。 近い場所に停めたい方は 早めに駐車場入り口に到着しオープンするまで待機することをおすすめします。 アフター6パスポートや スターライトパスポートで来園する方は イクスピアリの駐車場が便利ですね。 駐車場からパークへも近いですし 駐車時間によってはディズニーの1日の駐車料金よりも安くなることもあります。 食事をしたり買い物をしたりすることもできますので 滞在時間などを計算してどちらの駐車場に停めるのがお得か調べてみるのがいいかもしれませんね! 近くの駐車場にこだわらない方は ディズニー周辺の一般の駐車場に停めるのも安くすませる裏技です。

次の

ディズニーリゾートの秘密・裏情報

ディズニー リゾート 開園 時間

新着レポート• 基礎知識• 場所・行き方• 所在地は、アメリカ合衆国 カリフォルニア州アナハイム()• 最寄り空港はロサンゼルス空港(LAX)で、成田空港または羽田空港から直行便で約10時間。 ロサンゼルス空港からディズニーランド周辺ホテルまでは車で50分ほど。 移動手段のクチコミ情報は「」にまとめています。 日本マイナス17時間。 サマータイム時はマイナス16時間。 日本と半日ずれているのでお昼過ぎるとかなり眠いです。 アトラクションやショーを満喫するには十分な時差ボケ対策が必要。 時差ボケ対策については「」にまとめています。 対応言語• 日本語は通じませんが、は用意されています。 公式サイト・アプリ• チケット購入• パークチケットの種類と価格は「」で確認できます。 2パークあるので2日以上のチケットがおすすめ。 2パークを自由に出入りしたければ「パークホッパーチケット」を選択しましょう。 ちょっとだけ価格が高いですがパークホッパーにしておいた方が安心です。 3日以上のパークホッパーチケットを購入すると「」と呼ばれるディズニーランドに一般開園より1時間早く入れる特典を1回分もらえます。 24時間営業など特別イベントがある日は入場制限になる可能性が高いので、1度パークに入園したら絶対にパークから出ないようにしましょう。 再入園スタンプがあっても問答無用でゲートを閉じる可能性があります。 エキストラ・マジック・アワー(優先入場特典)• エキストラ・マジック・アワー(Extra Magic Hours)とは、一般開園より1時間早く入園できる制度。 対象のパークは曜日によって切り替わるので「」で確認を。 対象者はディズニー直営ホテルの宿泊者のみ。 ルームキーを持参して入場ゲートで提示すればOK。 エキストラ・マジックアワーの時間帯はファストパスを発券できません。 ファストパスは一般開園後に発券できます。 ディズニーランド側にはマジック・モーニング(Magic Morning)という別の早朝入場制度があるので意外と混雑しているので注意が必要。 カリフォルニア・アドベンチャー側はディズニーホテル宿泊者限定です。 マジック・モーニング(早朝入場特典)• マジック・モーニング(Magic Morning)とは、一般開園時間より1時間早く入園できる制度。 基本的にはエキストラ・マジックアワーと同じシステムですが、対象者と対象日と対象パークが違います。 対象パークは「ディズニーランド」のみ。 対象日は「」で確認を。 対象者は「オンラインで3日以上のパークホッパーチケットを購入した人」など。 現地のチケットブースで購入すると対象外になるので要注意()。 特典はパークチケット裏面に印字されるので、そのままパークチケットで入園すればOK。 この特典は滞在中1回だけ使えます。 ディズニーホテル・周辺ホテル• が3軒あります。 ディズニー直営ホテルに泊まれば、一般開園より1時間早く入園できる特典「」があります。 混雑期はかなりメリットのある特典。 リゾート周辺には格安ホテルが多数あるので、ディズニーホテルにこだわらなければ相当安く滞在できるのがアナハイムの魅力です。 ホテル選びについては、以下の記事にまとめています。 旅行にかかる費用 3泊5日で個人手配をした場合の大まかな費用は以下の通り(1ドル=120円で計算) 10万円/人 2. 8万円/人 (1泊1室1. 3万円~) 3. 9万円 0. 3万円 1日1パークだとゆっくり楽しめないと思うので、時差ボケも考慮すると最低4泊6日は確保した方が安心です。 気候と服装• アナハイムは1年を通じて暖かくて乾燥していて過ごしやすい気候。 冬季にちょっと雨が降るだけでほとんど雨が降りません。 年間平均気温や降水量についてはを参照。 夏季でも朝や夜はかなり冷え込むので十分な防寒を用意しましょう。 6月中旬でも夕方からダウンが必要なぐらい寒いです。 ユニクロの小さく畳めるポータブル・ダウンが軽くて暖かくてオススメ。 レストランはテラス席が多いです。 寒い時に暖をとれる室内レストランを事前に確認しておきましょう。 「」などを参考に。 週間天気はなどを参照。 混雑対策• 年末年始、独立記念日、夏休み(6月上旬~8月中旬)、ハロウィーン、クリスマスなどの混雑期を避けると快適。 ただし、混雑期は花火やショーやグリーティングが毎日開催されるのでお得だったりもします。 通常シーズンは花火などのナイトショーを金・土・日しか実施しない場合があるので注意。 混雑予想カレンダーを活用すると具体的にどの日が混みそうか分かりやすいです。 やなどを参照。 混雑期に行く場合は、があるディズニー直営ホテルも検討の価値アリ。 ディズニーホテル以外の宿泊者は、エキストラ・マジックアワーが設定されているパークを避けて開園待ちしましょう。 エキストラ・マジックアワーが設定されているパークに一般開園時間に入園しても人気アトラクションには既に列ができてしまっています。 開園45分前を目安にエントランスに向かいましょう。 開園時間の直前に行くとセキュリティチェックに長蛇の列ができていて、かなり出遅れます。 通常、開園時間の30分前にエントランスがオープンして入場手続きが開始されます。 エキストラ・マジックアワーやマジック・モーニングだからと言って入園開始10分前にエントランスに到着すると驚くほどの混雑に巻き込まれます。 入場開始30分前にはエントランスに到着する気持ちが大事です。 必ず公式アプリ「Disneyland App」をインストールしておきましょう。 iPhone、Android対応。 アトラクション待ち時間をリアルタイムに確認できる便利アプリ。 インストール方法は「」にまとめています。 アプリでファストパスを予約できる「マックスパス(MaxPass)」を活用しましょう。 詳しくは「」にまとめています。 ファストパスを活用しましょう。 詳しくは「」の項目を参照。 ファストパス• 詳細は「」にまとめています。 開園時間・ショースケジュール• 開園時間は「」でチェックできます。 日付をクリックすればショースケジュールや休止アトラクション(Closed for Refurbishment)も確認できます。 アトラクション休止情報をまとめて確認したい場合は「」などを参考に。 混雑期以外は、花火などのナイトショーが金・土・日のみの開催だったりするので、旅行日を決めるときは金・土・日を含めて予約すると安心です。 どんなキャラクターグリーティングが実施されているかは「」を参照。 年間イベント• 年間イベントのスケジュールはで確認できます。 年間イベントの詳しい様子は「」と「」にまとめています。 パークMAP• 日本語ガイドマップはゲストリレーションやシティホールなどでもらえます。 タイムガイドは英語版しか用意されていません。 キャラクター・ダイニング• 「」にまとめています。 ダッフィー&フレンズ• ダッフィーのグリーティング施設はにありましたが人気低迷により廃止されました。 当時の様子は「」を参照。 近年、ダッフィーグッズの取り扱いも大幅に減っています。 支払い・クレジットカード• ディズニーリゾート内ではワゴンも含めてほとんどの場所でクレジットカードが使えます。 現金いらず。 パーク内やホテル内にATMがあるので、必要に応じて海外キャッシングを利用すれば両替所に行かなくても現金を確保できます。 チップの目安• サービス料込の伝票なら払う必要なし。 ホテルのハウスキーパー:ベッド1台につき1~2ドル• ホテルのベルボーイ:荷物1個につき1~2ドル• 手荷物ロッカー• 「」に料金や使い方をまとめています。 無料Wi-Fi• 2017年5月末、パーク内の一部エリアに無料Wi-Fiが導入されました。 詳しくは「」を参照。 ディズニーホテルはロビーも客室も無料Wi-Fiを完備。 電源コンセント• コンセントは日本と同じAタイプ• 電圧が日本より高いので要注意。 120Vに対応した製品なら、そのまま使える。 未対応なら変圧器を購入して持っていく必要あり。 製品の電圧の確認方法はを参照。 飲料水• ミネラルウォーターを購入するのが無難です。 パーク内で買うと1本3ドルしますが、近くのセブンイレブンで買うと1本1ドルほど。 旅券パスポートの残存期間• 帰国時まで有効なもの。 入国時90日以上が望ましい。 90日以内の観光は査証不要。 ただし、の登録が必要。 の条件を満たしていること。 最新情報はで必ず確認を。 治安・注意点• ディズニーランド周辺は夜でも安心して歩ける雰囲気です。 閉園直後は人通りも多いので周辺ホテルでも安心。 とは言うものの、夜間外出や置き引きには十分に気を付けましょう。 部屋に帰ったら必ず防犯チェーンをかけておき、ノックされても不用意にドアを開けないように心がけましょう。 ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにも行きたい場合• は、1964年にオープンしたユニバーサル・スタジオの本家です。 映画撮影スタジオから発展した歴史あるパークで、実際に映画撮影で使われたセットを見学できる「」はここでしか体験できません。 ディズニーランド・リゾートからは「」で約2時間(約110ドル)です。 ロサンゼルスの中心部を通過することになるため、週末や夕方以降は大渋滞に巻き込まれやすいです。 おすすめアトラクションやグッズ、周辺ホテル、チケット情報などは以下のページにまとめています。 新規オープン予定 「」にまとめています。 ブログ記事•

次の

ディズニーシーの開園待ちの秘密。誰にも聞けなかった&困りごと解決

ディズニー リゾート 開園 時間

新着レポート• 基礎知識• 場所・行き方• 所在地は、アメリカ合衆国 フロリダ州オーランド()• 最寄り空港はオーランド国際空港(MCO)で、成田空港から乗継便で約18時間。 直行便はありません。 乗り継ぎ空港はシカゴ、ヒューストン、アトランタなどが便利かも。 シカゴ空港での乗り継ぎについては「」にまとめています。 ただし、冬季のシカゴ空港は雪で閉鎖されることがあるので注意。 オーランド国際空港からウォルトディズニーワールドのホテルまでは「」という公式シャトルバスで約40分。 ディズニー直営ホテルの宿泊者専用で無料で利用できます。 予約方法や乗り方は「」にまとめています。 日本マイナス14時間• 日本と半日ずれているのでお昼過ぎるとかなり眠いです。 アトラクションやショーを満喫するには十分な時差ボケ対策が必要。 時差ボケ対策については「」にまとめています。 対応言語• 日本語は通じませんが、は用意されています。 の日本館では日本人キャストが多数。 日本食もあってホッとできる空間です。 公式サイト・アプリ• チケット購入• パークチケットの種類と価格は「」で確認できます。 4パークあるので4日以上のパークチケットがほしいところ。 1日に複数パークを自由に出入りしたければ「パークホッパー」を選択しましょう。 ちょっとだけ値段が高いけどパークホッパーにしておいた方が安心です。 ウォーターパークにも行きたい人は「パークホッパープラス」というオプションを付けるとお得。 マジックキングダムでは19時以降にハロウィーンやクリスマスの特別イベントが開催される日があり、別途チケット購入が必要です。 当日パーク内で購入することも可能。 チケットを持っていない人は少しずつキャストに締め出されていきます。 チェックは厳しめ。 パークチケットを購入しないとファストパス予約ができないので、出発の60日前にはチケットを購入しましょう。 エキストラ・マジック・アワー(優先入場特典)• エキストラ・マジックアワー(Extra Magic Hours)とは、一般開園の1時間前に入園できたり、閉園後2~3時間もアトラクションを楽しめる特典。 対象者はディズニー直営ホテルとディズニー提携ホテルの宿泊者。 マジックバンドで入園すればOK。 対象パークや対象日は「」でチェックできます。 特にモーニング・エキストラ・マジックアワーは人気アトラクションに短時間で乗れる夢の時間です。 対象アトラクションは限定されているので「」などで確認を。 ディズニーホテル• が20軒以上あります。 1泊1室1万円ほどの「」があるので長期滞在してもお財布にやさしいのがWDWの良いところ。 ディズニー直営ホテルに泊まれば、、優先入場()、の無料配布、、など特典が豊富なので、絶対にディズニー直営ホテルがオススメ。 ディズニー直営ホテルとパークの間は無料シャトルバスが10~20分間隔で運行しています。 モノレールやボートも無料なのでディズニーワールド内の移動でお金がかかることはありません。 バリューリゾートと呼ばれるは、フロント棟から相当離れた場所に部屋がある場合があるので、予約時に「プリファード・ルーム」というちょっとだけ料金が高い部屋を選択した方がよいです。 フードコートやバス停に近くて便利&体力温存。 「」のリトルマーメイド棟はフロント棟から相当離れているので覚悟の上で予約しましょう。 フードコートから部屋まで400m(徒歩5分)ほど歩きます。 ホテル選びについては、以下の記事にまとめています。 旅行にかかる費用 5泊7日で個人手配をした場合の大まかな費用は以下の通り(1ドル=120円で計算) 12万円/人 5万円/人 (1泊1室1. 3万円~) 6. 5万円 無料 合計(大人2名分) 40. 5万円 1日1パークだとゆっくり楽しめないと思うので、時差ボケも考慮すると最低7泊9日は確保した方が安心です。 気候と服装• オーランドの気候は日本に似ていて、夏は蒸し暑くて、冬は寒くて乾燥しています。 年間平均気温と降水量については「」を参照。 夏は暑くて湿度が高いので蒸し暑く、熱帯地方特有のスコール(一時的な豪雨)が毎日のように降ります。 アメリカ人に言わせれば「フロリダは夏に行くところではない」とのこと。 さらに、夏休み期間はアトラクションが混雑します。 室内は冷房が効いているので羽織るものが必須。 春と秋は暑くなく雨も少ないので過ごしやすいベストシーズン。 ただし、8月~11月はハリケーン(台風)のシーズンなので覚悟して予約しましょう。 朝や夜はかなり冷え込むので十分な防寒を用意する必要があります。 ユニクロの小さく畳めるポータブル・ダウンが軽くて暖かくてオススメ。 週間天気や毎時予報は「」が便利。 雷が鳴っていたら、すぐに建物内に避難すること。 木には近づかないこと。 フロリダは雷による死者が多いそうです。 混雑対策• 年末年始、独立記念日、夏休み(6月上旬~8月中旬)、サンクスギビング(11月下旬)、クリスマス休暇などの混雑期を避けて予約すると快適です。 混雑予想カレンダーを活用すると具体的にどの日が混みそうか分かりやすいです。 「」などを参照。 という一般開園の1時間前に入園できる特典をフル活用しましょう。 開園直前にエントランスに着くと混雑しているので、ちょっとだけ早めに向かうのがオススメ。 ファストパス・プラスという事前予約制のファストパスを活用しましょう。 詳しくは「」の項目を参照。 アトラクションの待ち時間をリアルタイムに確認できる公式アプリ「My Disney Experience」をインストールしておきましょう。 インストール方法は「」にまとめています。 パーク内は無料Wi-Fiあり。 アトラクションは午前中が勝負。 夜になっても人は減りません。 ファストパス・プラス• 詳しくは「」にまとめています。 ファストパス対象は「」にまとめています。 開園時間・ショースケジュール• 開園時間は「」でチェックできます。 パーク名をクリックすればショーやキャラクターグリーティングのスケジュールも確認できます。 アトラクション休止情報をまとめてチェックしたい場合は「」などを参考に。 マジックキングダムで閉園時間がPM7:00の場合は、ハロウィンやクリスマスの特別イベントが開催される場合があります。 年間イベント• 年間イベントは「」で確認できます。 どのシーズンも内容盛りだくさんのイベントが開催されています。 パークMAP• 日本語ガイドマップは各パークのエントランスを入ってすぐのガイドブック置き場にあるので忘れずにGETしておきましょう。 タイムガイドは英語版しか用意されていません。 キャラクター・ダイニング• 「」にまとめています。 ダッフィー&フレンズ• ダッフィーの常設グリーティングがにありましたが2015年10月で終了しました。 当時の様子は「」を参照。 支払い・マジックバンド• ディズニーホテルにチェックインする際に「マジックバンド」と呼ばれるリストバンドを無料でもらえます。 このマジックバンドが、ホテルのルームキー、パークチケット、ファストパス、フォトパス、お財布などになって、これだけでほとんどのサービスが受けられます。 マジックバンドを財布として利用する場合はクレジットカードとPINコード(4桁の数字)の設定が必要なので、チェックイン時に設定してもらいましょう。 PINコードは全員別々にもできます。 パーク内ではワゴンも含めてマジックバンドで全ての支払いが可能。 クレジットカードも使えます。 現金いらず。 マジックバンドによる支払いにするとクレジットカードの請求はまとめて1本になりますが、チェックアウト日の朝に利用明細書をもらえるので、いつ何を購入したのか確認できます。 もしタクシーを使う予定がないなら、現金はチップに使う分だけ用意すればよさそうです。 チップの目安• サービス料込の伝票なら払う必要なし。 ホテルのハウスキーパー:ベッド1台につき1~2ドル• ホテルのベルボーイ:荷物1個につき1~2ドル• 手荷物ロッカー• 「」に料金や使い方をまとめています。 無料Wi-Fi• 全てのパークに無料Wi-Fiが整備されていますが、シアター内など場所によって繋がりにくい場合があります。 ディズニーホテルはロビーも客室も無料Wi-Fiを完備。 電源コンセント• コンセントは日本と同じAタイプ• 電圧が日本より高いので要注意。 120Vに対応した製品なら、そのまま使えます。 未対応なら変圧器を購入して持っていく必要あり。 製品の電圧の確認方法は「」を参照。 飲料水• ミネラルウォーターを購入するのが無難。 ディズニーホテルで「リフィルマグ」と呼ばれるお替り自由のマグカップを購入すれば、ミネラルウォーターや炭酸ジュースが滞在期間中に飲み放題に。 パーク内では補充できません。 「リフィルマグ」の購入で利用できるドリンクバーにはお湯(Hot Water)もあります。 自由に使える電子レンジもあるので、いろいろ持っていくと食事がラクになりそう。 旅券パスポートの残存期間• 帰国時まで有効なもの。 入国時90日以上が望ましい。 90日以内の観光は査証不要。 ただし、の登録が必要。 の条件を満たしていること。 最新情報はで必ず確認を。 治安・注意点• ウォルトディズニーワールド内は夜でも安心な雰囲気。 パークとホテル間は無料シャトルバスが往復しているので、夜間に暗い夜道を歩くようなことはありません。 部屋に帰ったら必ず防犯チェーンをかけておき、ノックされても不用意にドアを開けないように心がけましょう。 雷が鳴っていたら、すぐに建物内に避難すること。 木には近づかないこと。 水辺には野生のワニが生息しているので、柵がない水辺には近づかないようにしましょう。 ユニバーサル・オーランドへの行き方・注意点• ウォルトディズニーワールド内からタクシーで約20分。 タクシー代を節約したいなら、帰りのタクシーはディズニースプリングス(マーケットプレイス側)で下車して、ホテルまで無料シャトルバスに乗ればちょっとお得。 往路はホテルから直接タクシーで行かないと時間がかかり過ぎます。 ユニバーサル・オーランドには2パークあって「ダイアゴン横丁」は「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」に、「ホグズミード村」は「アイランド・オブ・アドベンチャー」にあります。 つまり、ハリーポッターエリアを全て満喫するにはを購入する必要があります。 ホグズミード村はUSJで体験済みだからと言って1パークチケットにすると「ホグワーツ急行」を体験できなくなるので注意。 タクシーを降りた場所が帰りのタクシー乗り場になっています。 案内係の人がいるので声をかければ案内してくれます。 メーター制なので価格交渉の必要はありません。 新規オープン予定 「」にまとめています。 ブログ記事•

次の