俺ガイル クロスオーバー。 『俺ガイル』主人公、比企谷八幡を描いたおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」公式ホームページ|TBSテレビ

俺ガイル クロスオーバー

陽乃の表面に騙されなかったり文化祭で助けられたりで、文化祭準備の帰りに「また明日」と手を振るなど次第に比企谷に惹かれてきている側面が見られる。 そんな相手が自分で自分を傷つけたり海老名に告白したり信念を曲げて妥協したりするのが面白くなかったのではないかしら。 万一海老名がOKしていたらどうするつもりだったのか。 ただ、自信が比企谷に惹かれていることにははっきりと気づいておらず、或いは認めることができず、故に「うまく言葉にできずもどかしい」だったのではなかろうか。 本物 「けど…そうやって偽物だってわかってて、それでも手を差し伸べたいって思ったなら、そいつは本物なんだろ、きっと」 どれだけ時が経っても変わらないのなら、どれほど捨ておいても色褪せないのなら、それを本物と呼ぶことに抵抗はない。 比企谷が欲しているのは、優しさみたいな上辺だけのものではない、決して裏切られたり色あせたりすることのない、自分に向けられる本物の気持ちなのではないかしら。 他人の気持ちを信じることができずぼっちとして生きてきたが故に、本当に信じられるものを欲しているのだと思う。 八幡の解決方法は、 「八幡が誰からも好かれていない」 という八幡自身の考えから生まれるものです。 そう考えているからこそ、八幡は自分を傷つけるやり方を『誰も傷つかない』(嫌な思いをするのは自分だけの)ものだと感じています。 実際そういった痛みは、八幡自身慣れてしまっているので、強がりでなく平気なんだと思います。 ただ修学旅行では、奉仕部の二人の気持ちを蔑ろにしてしまう結果になりました。 奉仕部を大切なつながりだと感じる雪ノ下は、自分自身を傷つけてまで葉山たちの『偽者の関係』を守ろうとした八幡に否定的な感情を抱いたでしょう。 葉山たちの関係は、本来八幡自身が否定していたものだったのにそれを是とする八幡への幻滅もあったかもしれません。 由比ヶ浜の言葉は、自分を犠牲にするやり方もそうですが、やっぱり恋心を抱いている相手が嘘でも告白をしたことへの批判も含まれるでしょう。 八幡に気持ちを伝えたわけでなくても、目の前であんな告白をされるのはたまったものじゃないでしょうし、八幡のやり方は由比ヶ浜と戸部、恋する二人への酷い冒涜ですし、文句を言いたくもなるでしょう。 八幡が欲しい本物は、偽りのない、真に理解しあう『本物の関係』のことです。 言葉がなくても相手の気持ちを汲み取り、言葉を交わして誤解しあうことのない幻想のような関係を八幡は本物と語りました。

次の

TVアニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」公式ホームページ|TBSテレビ

俺ガイル クロスオーバー

・ 切嗣のコミュ障レベルが天元突破しています。 ほのぼのしたssです。 ・ このバゼットさんはボクサーのサーヴァントですね、間違いない。 ・ 優雅じゃない時臣っていいな。 読んでて笑顔になれる作品です。 ・ 雁屋がベルセルクのガッツを召喚します。 きれいにまとまった良作であり、ベルセルクssは希少なのでファンの方は必見です。 ・ カレンがfateヒロインの中で一番可愛いことを再確認できますね。 やっぱり、ホモじゃないか 愉悦。 ・ ケイネスは聖杯戦争に関わらないほうが幸せだろうなあ。 愉快なケイネスおじさん大好き。 ・ 人格が破綻した愉悦セイバーが好き勝手にやる物語。 ・ ここまで完成度の高いクロスオーバーがあっただろうか。 両作品の要素をこれでもかと詰め合わせたラストデュエルは圧巻。 ・ 魔法使いの夜ss。 有珠が可愛すぎて辛い。

次の

【FGO SS】カルデアミートウォーズ【Fate Grand Order】アニゲーSSまとめ図書館 SSアニメ │ FGO攻略動画まとめ

俺ガイル クロスオーバー

陽乃の表面に騙されなかったり文化祭で助けられたりで、文化祭準備の帰りに「また明日」と手を振るなど次第に比企谷に惹かれてきている側面が見られる。 そんな相手が自分で自分を傷つけたり海老名に告白したり信念を曲げて妥協したりするのが面白くなかったのではないかしら。 万一海老名がOKしていたらどうするつもりだったのか。 ただ、自信が比企谷に惹かれていることにははっきりと気づいておらず、或いは認めることができず、故に「うまく言葉にできずもどかしい」だったのではなかろうか。 本物 「けど…そうやって偽物だってわかってて、それでも手を差し伸べたいって思ったなら、そいつは本物なんだろ、きっと」 どれだけ時が経っても変わらないのなら、どれほど捨ておいても色褪せないのなら、それを本物と呼ぶことに抵抗はない。 比企谷が欲しているのは、優しさみたいな上辺だけのものではない、決して裏切られたり色あせたりすることのない、自分に向けられる本物の気持ちなのではないかしら。 他人の気持ちを信じることができずぼっちとして生きてきたが故に、本当に信じられるものを欲しているのだと思う。 八幡の解決方法は、 「八幡が誰からも好かれていない」 という八幡自身の考えから生まれるものです。 そう考えているからこそ、八幡は自分を傷つけるやり方を『誰も傷つかない』(嫌な思いをするのは自分だけの)ものだと感じています。 実際そういった痛みは、八幡自身慣れてしまっているので、強がりでなく平気なんだと思います。 ただ修学旅行では、奉仕部の二人の気持ちを蔑ろにしてしまう結果になりました。 奉仕部を大切なつながりだと感じる雪ノ下は、自分自身を傷つけてまで葉山たちの『偽者の関係』を守ろうとした八幡に否定的な感情を抱いたでしょう。 葉山たちの関係は、本来八幡自身が否定していたものだったのにそれを是とする八幡への幻滅もあったかもしれません。 由比ヶ浜の言葉は、自分を犠牲にするやり方もそうですが、やっぱり恋心を抱いている相手が嘘でも告白をしたことへの批判も含まれるでしょう。 八幡に気持ちを伝えたわけでなくても、目の前であんな告白をされるのはたまったものじゃないでしょうし、八幡のやり方は由比ヶ浜と戸部、恋する二人への酷い冒涜ですし、文句を言いたくもなるでしょう。 八幡が欲しい本物は、偽りのない、真に理解しあう『本物の関係』のことです。 言葉がなくても相手の気持ちを汲み取り、言葉を交わして誤解しあうことのない幻想のような関係を八幡は本物と語りました。

次の