三菱 重工 ビル 爆破 事件。 三菱重工ビル爆破事件に関するトピックス:朝日新聞デジタル

三菱重工ビル爆破事件 写真特集:時事ドットコム

三菱 重工 ビル 爆破 事件

佐々木規夫とは? これまで 昭和~平成にかけて 発生した 重大事件では 歴史を脅かす 実行犯の1人として 何度も マスコミメディア により 特集されているため 1970年代では 見張り役の 大道寺あや子と 共犯した かなり 有名な 犯人として知られ その 起きてはならない 悪夢の1日が 起きたのが …………. 1974年8月30日 午前12時45分ごろ 現在の 東京都千代田区丸の内 にある 「丸の内二丁目ビル 三菱重工業東京本社ビル 」で 当時この2人は 現代で例えれば イスラム国のような 左翼派テロリスト集団 「東アジア反日武装戦線 狼 」 日本赤軍 に 所属され この集団が 結成された目的は 第二次世界大戦以前 「完全な悪」をテーマに 日本を標的とした 大日本帝国VS イギリス、オランダ、中国、オーストラリア などの連合国で発生した 太平洋戦争の時に 陰で密かに 世界の銃など 防衛産業を 支えていたのが 当時たった一つ 存在していたと いわれる 三菱重工業で 当時 仮にこの会社が 存在していなかった とすれば 圧倒的に 技術大国から 日本は大規模な 大陸を支配し 現代 経済大国No1となり 1人の貧困層も 現れなかった 可能性もあった そこで 何度か 警告を続けたが 海外への銃提供の 規制を辞めず 責任から 辞めなかったことで 正式に 「経済的にアジアを侵略している」と 断定後 約400人の 民間人を標的に 時限爆弾を使い 主任、デザイン会社役員 メーカー所長代理、会計士事務所事務員 信託銀行課長。 船舶エンジニア 鉱業会社社員、重工社員 といった 関係者 8人の死者と 376人の 負傷者を出す 結末となり その後 1年後の75年5月19日に 佐々木規夫、大道寺あや子 大道寺将司、益永利明が 逮捕され 動機については 犯行声明文に 記載されていた 「三菱をボスとする日帝の侵略企業・植民者に対する攻撃」 という 内容だった。 naver. 消息不明だが 引き続き 国際指名手配中 となっている。 スポンサーリンク ちなみに… 結婚や 家族は!? 18年4月現在 第二の人生から 家庭を作った という 更新情報は 公開されて いませんが 少なからず 69歳で 生きていれば 居る可能性も 否定はできず そうなると 海外へ 逃亡生活している 可能性が 高いので 国際結婚から ハーフ系の お子さんが いるのでは…? スポンサーリンク 地下室で爆弾を製造していた!? これは とても 有名な話だが 当時 佐々木は 連続爆破事件を 起こす直前 密かに 永田町1丁目10の 自宅アパート1階の 部屋にて 普段は 寝床や 布団などを終う 際に使う 押し入れの床下を 上手く利用し 地下で 潜伏生活にも 使えることから 1人が やっと入れる スペースの 爆弾製造工場を コンクリートを 基本材料に 完成させて いたそうで その中には 電気、 勉強机、 ベッドなども 設置されていた ことから ほとんどを そこで過ごし 仮に 製造過程で 何らかの 聞き込みや 張り込み 捜査などから 気づいていれば ……….. 全ての 連続爆破事件は 未然に防げたかも….!?

次の

【今日の事件簿】戦後最悪の爆弾テロ事件!三菱重工爆破事件とは

三菱 重工 ビル 爆破 事件

結婚を機に大道寺あや子は務めていた東京の病院を退社して、製薬会社に転職しました。 この転職は、後に起こす犯罪のために、薬品を入手するためだったと言われています。 結婚を機に転職をしたという事は、結婚をする時には、犯罪を起こす計画をしていたのかもしれません。 そして1974年8月30日に、三菱重工爆破事件を起こす犯人となります。 大道寺あや子が結婚をして1年ほど経った頃の話です。 結婚をした後から、本格的な武装闘争に備えて、薬品の調達だけではなく、資金調達もしていたと言われています。 もともとは昭和天皇を暗殺するという計画をしていたようですが、この計画は途中で断念しました。 この計画で使う予定だった爆弾を、そのまま三菱重工爆破事件で使ったと言われているのです。 三菱重工爆破事件は、綿密な計画が立てられていたため、当時の警察は犯人を特定するまでに時間がかかったそうです。 三菱重工爆破事件発生後、警視庁公安部と刑事部が合同で特別捜査本部を設置したものの、なかなか犯人の手がかりを掴む事ができませんでした。 警察が犯人の手がかりを掴む事ができないまま、大道寺あや子ら東アジア反日武装戦線は、旧財閥系の企業や大手ゼネコンに爆破事件を起こしていきます。 大道寺あや子ら東アジア反日武装戦線が、それらの企業を狙ったのは、帝国主義を支えている企業を悪だと考えていたからなのだそうです。 なかなか犯人の手がかりを見つける事ができない警察でしたが、1975年に大道寺あや子ら主要メンバーが犯人として逮捕されるます。 しかし1977年には釈放される事になりました。 東アジア反日武装戦線は、大道寺あや子をはじめ多くのメンバーで構成された武装集団でした。 大道寺あや子がいたのは、東アジア反日武装戦線の狼グループで、メンバーには大道寺あや子の夫である大道寺将司、片岡利明、佐々木規夫と大道寺あや子の4名です。 三菱重工本社に電話をかけてきたのは々木規夫、爆弾を仕掛けたのは大道寺将司と片岡利明で、大道寺あや子は現場の見張り役だったと言われています。 結果として何人もの死傷者を出してしまうテロとなりましたが、計画の時点では、人的被害を出す予定ではなかったようです。 実際、三菱重工本社に「時限爆弾を仕掛けたのでただちに避難するように」と避難を促す電話を掛けていた事でもわかるでしょう。 死者が出た事で、メンバー内でも動揺があったようですが、その後も活動を続ける事になります。

次の

佐々木規夫(三菱重工爆破事件)の生い立ち&現在!結婚や家族(子供)と地下室で!?

三菱 重工 ビル 爆破 事件

大道寺あや子は、「三菱重工ビル爆破事件」の犯人の1人。 画像が美人ですが、現在はどうしてるのでしょうか? 「三菱重工ビル爆破事件」とは、死者8人、重軽傷者393人、人々を恐怖のどん底に突き落とした爆弾テロ。 1974年8月30日、三菱重工ビルで時限爆弾が爆発し、会社員やOLが行き交っていた昼下がりの街は、一瞬にして地獄と化しました。 被害者たちの体は無数の切り傷を負いました。 原因はガラスの破片でした。 犯人は大道寺あや子のほか、旦那の将司、佐々木規夫、益永利明の4人。 大道寺あや子は爆弾作りを担当し、事件後に逮捕されるも画像のとおり美人なので、協力させたれたと世間は勘違いしました。 そして収監中のある日、大道寺あや子はなぜか釈放され、海外へ逃亡しています。 釈放理由は何?現在の逃亡先はどこでしょう? 三菱重工爆破事件 74年8月30日 「狼」による企業爆破事件。 海外進出を進める三菱重工を帝国主義と見なし、警告として丸の内の本社ビルを爆破。 8名が死亡、376名が負傷。 オウム真理教事件が起きるまでは日本史上最大のテロであった。 多くの人が行き交う丸の内 大きな紙包みを持った2人の男が、三菱重工ビルに向かい、配達物を届けるように入口に置き、不審に思う人は誰もいませんでした。 しかしこれは手製の時限爆弾。 時刻は12:45 時限爆弾はダイナマイト700本分の破壊力で爆発!その爆風は近隣ビルの窓ガラスをことごとく砕き、割れた窓ガラスは約4000枚!路上には雨あられのようにガラス片が降り注ぎました。 数えきれないガラス片は路上の人々めがけてナイフにように襲い掛かりました。 当時、防災対策が施されていなかったビルの窓ガラスは凶器となってしまいました。 ある人は肩と太ももをガラス片でえぐられ、ある人は頭がい骨骨折と出血多量で死亡するなど被害者は死者8人、重軽傷者393人。 ・佐々木規夫 ・益永利明 ・大道寺夫妻(将司とあや子) 犯人たちは爆弾闘争のマニュアル本「腹腹時計」を作っていました。 地下活動に身を捧げるものたちに密に読み継がれたマニュアルには、『都市におけるゲリラ戦のやり方』『時限爆弾の作り方』が記されていました。 高校の成績は優秀で、部活もスピードスケート部で活躍して卒業生総代に選ばれたほど。 大道寺あや子は青少年の野外活動「ワンダーフォーゲル」部に所属し、自治会活動、授業料値上げ反対闘争など社会活動に参加。 大学在学中、高校の同窓会で、同級生の大道寺将司から「研究会」に勧誘されたのがきっかけで彼氏彼女の関係に発展し同棲。 その後、爆弾に使う薬品を入手するため都内の試薬会社に転職。 会社での勤務態度は真面目で評判もよかったです。 まさか大道寺あや子が「東アジア反日武装戦線『狼』」のメンバーで、夜は爆弾作りをしてたとは誰も知りませんでした。 1971年23才のときに自家製爆弾の最初の実験を行ってます。 美人だからこんなに酷い事件の犯人なワケがないと世間は思い込んだわけです。 きっと特に男性が騙されたと思いますが。 案の定、世間の見方の反し、大道寺あや子は獄中で、「東アジア反日武装戦線『大地の牙』」の浴田由紀子などと激しい闘争を繰り広げました。 1977年、日本赤軍が「ダッカ日航機ハイジャック事件」で乗客乗員を人質にとり、身代金と犯罪者9名の釈放を日本政府に要求。 当時の福田総理大臣は「一人の生命は地球より重い」という理由で、超法規的措置として犯罪者9人を釈放。 9人の中に大道寺あや子の名前があり釈放されました。 釈放された大道寺あや子は出国して海外へ逃亡しました・・・ 大道寺あや子 東アジア反日武装戦線のメンバー。 1948年生まれ。 大卒後に薬剤師となり、大道寺将司と結婚。 東アジア反日武装戦線に参加。 連続企業爆破事件では爆弾用の薬品調達や見張りを担当。 75年に逮捕されるも、ダッカ事件で釈放。 大道寺あや子は逃亡先については 1999年51才のとき、香港で日本赤軍最高幹部の重信房子と会ったことがわかっています。 2001年53才のとき、重信房子が日本赤軍の解散を宣言したことについて、南米から「日本赤軍解散宣言無効宣言」を発表しています。 現在の逃亡先は、南米かもしれません。 ただ年齢が69才なので死亡してる可能性も高いです。 国際指名手配されています。 益永利明は、1987年3月24日に死刑が確定。 しかし現在も死刑執行されず、その理由は佐々木規夫と大道寺あや子が現在も海外逃亡中で、裁判が終わっていないからだといわれています。 大道寺あや子の旦那・大道寺夫将司も同じく死刑が確定しても死刑執行されていませんでしたが、2017年5月24日に東京拘置所で病死しました。 死因は多発性骨髄腫で、享年68才。 「三菱重工ビル爆破事件」の犯人は現在、全員高齢者なので、大道寺夫将司と同じように病死か、寿命で死ぬと思います。 もちろん被害者からしたら死刑執行を望むはずですが。

次の