ひき まる 相関 図。 ひきまる2nd_#1 ひきこもりでもドラマみたいな相関図が作りたい!

ひきまる2nd_#1 ひきこもりでもドラマみたいな相関図が作りたい!紹介映像

ひき まる 相関 図

3S(る「す」、「そ」らる、「さ」かた)の時代だそうです。 これは、2017年に、まふまふさんがツイッターで格付けした「あたまおかしい人の順位」です。 これからは3Sの時代と言っています。 因みに、順位は、 1位 luzる す 2位 さ かたん 3位 そ らる です。 「チームのんびりズ」でもあります。 意外なのは、そらるさん。 30歳で、年上ですし、しっかり者のイメージがありますが、まふまふさん曰く、 「この1年でそらるさんが財布やチケット失くしてるの20回ぐらい見た気がする」 との事です。 そえなんですね。 そらるさん、血液型もO型ですし、おおらかな性格ですから。 luzくんは、さかたんに、 「似てるよね?」 と、言っていましたし、さかたんも、肯定していました。 ただ、 「俺の方がしっかりしてる!」 と豪語しています。 まふくんが、 「五十歩百歩 意味:似たようなもの って知ってる?」 と聞くと、さかたんは、 「じゃあ、俺が100歩や!」 と、勝ち誇っていましたが、いや、そういう意味じゃなくて…。 しかし、luzくんは、それに輪をかけて 「え?50歩と100歩とどうして同じなの?」 と言っていました。 センラさんから、 「こういうとこやぞ!」 と笑われていました。 Sがつくのは、他にも「センラ」さんや「志麻」さんもいるのに、なんで入らないんだろうと思っていましたが、 これからの時代を担う3人だったのですね。 ちなみに、逆の「チームまともズ」は、 まふまふさんと天月さんが同じくらいで、うらたぬきさんが1番でした。 8:00くらいからがおススメ。 相関図の中で、天月くんが、まふくんに対して 「親友だと思ってる。 」 と言ったのに、まふくんは、天月くんのことを 「サイコパス」 と思っているそうです。 天月くんは、うらたさんの誕生日の時に、ケーキに転写されたうらたさんの顔写真の顔が切れるようにナイフを入れようとした事があります。 その時に、 「ナチュラルサイコパスさん」 と呼ばれていました。 「luzとAtRの関係は?」 luzくんは、外国人の血が入った長身のイケメン歌い手さんです。 声もセクシーで、カッコイイですが、普段は天然な性格です。 そらるさんは、luzくんの事を 「犬」 だと思っているそうです。 ひきまる1の時も、糸電話を知らないluzくんを、 「赤ちゃん」 だと言っていました。 可愛いのでしょうね。 さかたんの事も 「可愛い後輩」 と言っていましたので、年下の天然な歌い手さんが可愛いのでしょう。 というか、この3人、3Sだけど…。 そらるさんも充分可愛いから〜。 そして、まふまふさんもluzくんを 「犬」 だと思っています。 さすが、ユニットを組むだけあります。 同じ意見でした。 でも、luzくんからみたまふくんは 「尊敬してる」 …。 luzくんはアフターザレイン そらるとまふまふのユニット のペットということになってしまいました。 「感動!そらるさんがまふまふにかけたひと言とは?」 最後に残ったのが、アフターザレインのそらるとまふまふ。 まふまふからはそらるさんは 「相方」。 そして、そらるさんは、 「愛」 でした。 そうなんです。 のんびり、ゆったりしていますが、そらるさんは本当に愛情豊かな人なのです。 まふくんは、とても嬉しそうでしたが、照れ隠しなのか、そらるさんの真似をしながら、 「でも、2人で飲みに行った時、そらるさんは酔って覚えてないと思うけど、『7割は好きなんだけど3割は嫌い』って僕に抱きつきながら言ってました。 」 と笑っていました。 まふくんは、小さい頃に幸せではなかったことも関係しているのか、特別な性格です。 東北の港町で、本を家の至る所に置いてくれる、音楽好きな愛情豊かな両親と、3人の弟、妹に囲まれて育ったそらるさんにはどうしても理解出来ない部分があるのでしょう。 そらるさんは、まふくんの事を、本当の兄の様に心配して言った言葉だと思います。 アフターザレインはやっぱりいいなあ。 昨日配信終わりにそらるさんとお酒飲み行ったんだけど、ボクが1杯飲み終わらないうちにそらるさん7杯くらい飲んでふらふらになってました。 何かと褒めてくれたり、もっと俺を頼れよと言ってくれたりしたけど、こういう時間がすごく息抜きになってます。 まとめ 「まふまふが名付けた3Sは、luz、となりの坂田、そらる。 」 「天月のサイコパスなところとは、うらたぬきの誕生日ケーキをカットする時に顔の転写部分を切ろうとした。 」 「luzとAtRの関係はluzがそらるとまふまふのペット 犬 」 「感動!そらるさんがまふまふにかけたひと言は『7割好きだけど3割嫌い』。 」 ひきまる2nd、第1回、面白かったですね。 第2回がとても楽しみです。 最後までお付き合いいただきありがとうございます。

次の

さとみくんの妹の日常

ひき まる 相関 図

ニックネームから答えまで、全ての項目を書いてください。 ニックネームにフルネーム(名字・名前の両方)が書かれた回答は紹介 しょうかい できません。 読んでいる人がいやな気持ちや、悲しい気持ちになるようなこと、お友だちを傷 きず つけていると思えるものは書かないでください。 自分やお友だちの本当の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどは書かないでください。 送ってくれた回答は全て、キッズ nifty編集部 へんしゅうぶ が確認 かくにん してから、紹介します。 キッズ nifty編集部の判断で、一部を削除しての紹介や、紹介できない場合などがあります。 (誹謗中傷 ひぼうちゅうしょう ととられる内容、他のホームページへのリンクなど)• 夜11時〜朝6時までの「相談の答え」の投稿は受け付けていません。 掲載された回答投稿の削除の依頼をいただく場合がありますが、キッズなんでも相談では、利用にあたり会員登録などを行っていません。 投稿されたユーザーの個人を判断することが出来ないため、削除依頼には対応することは出来ません。 「短編小説」カテゴリへの回答には小説を読んで、感動したことや、感想を書いてください。 小説や書いてくれた人への悪口、小説と関係ない内容が書かれている場合は公開しません。 投稿文章内の誤字 ごじ の指摘は回答として公開しません。 カテゴリごとの新着相談• 04月24日• 03月23日• 03月06日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月27日• 06月27日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月27日• 06月27日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月27日• 06月26日• 06月26日• 06月27日• 06月27日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月27日• 06月27日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月27日• 06月27日• 06月27日• 06月26日• 06月25日• 06月24日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 06月26日• 04月28日• 04月26日• 04月23日• 06月27日• 06月26日• 06月26日•

次の

ひきまる2nd_#1 ひきこもりでもドラマみたいな相関図が作りたい!

ひき まる 相関 図

う「で?まふは俺らだけ集めて何するつもり?」 あ「坂田だけいないってことはそういうことなんだよね?」 ひきまるの撮影から三日後、僕はさかたん以外のひきまるメンバーの予定を無理矢理合わせて、自分の家に集まるよう連絡していた。 勿論さかたんがいないことは言ってなかったから、集められたメンバーを見て、カンの良いうらたさんと天月君は何かを察したようでそう言ってくる。 ま「流石うらたさんと天月君、二人はもう何か気付いてるみたいだね、他のみんなはどう?」 セ「まぁなんとなくは」 そ「どうせあの相関図のことでしょ」 そらるさんの言葉に、僕は笑みを溢して言った。 ま「ええその通りです、実は三日前に撮影したひきまるの相関図のことで、ちょっと…」 セ「まぁあれはなんかあからさまな人とかおったしなぁ」 そう言ってセンラ君はうらたさんとそらるさんを見る。 しかしそんな視線を受けても二人は全く気にもしていないようで、逆に反撃してきた。 う「だって正直に言えっつったじゃねぇか、俺は正直に坂田に思ってることを言っただけだぜ?」 そ「まぁ本当に言いたかったことは言えてないけどね」 う「っつーか、それを言うなら坂田に対して何も言ってなかったお前らはどうなんだよ?」 じとりとした視線を向けられて、僕は咄嗟に志麻さんに話を振った。 ま「でもあれですよね、うらたさんとセンラ君には言ったのに志麻さん、さかたんには何も言ってなかったですよね、あれってさかたんのことがガチで好きだったからじゃないんですか?」 し「まぁこのメンバー集められた時点で大体察してはいたけど、まぁ俺が何も言わなかったちゅーことは、まふ君の想像通りなんやないの?」 ま「やっぱり志麻さんもライバルでしたか、でもさかたんには苦手って言われてましたよね?」 余裕そうに上から言ってくる志麻さんにイラっとして、僕は喧嘩を売るようにそう言う。 それに志麻さんは僕の目を鋭い目つきで見ながら、口元に笑みを浮かべて言い返してきた。 し「元っつってたやろ、今は苦手じゃないねん」 ま「そんなの分からないじゃないですか」 し「分からないわけないやん、今坂田と俺はなぁ、しまさかやるくらい仲良いんやで、一緒にサバゲーもやるし配信だってする、ライブ中なんかうらせんよりも絡み多いしなぁ?」 ま「でもそれは志麻さんが勝手に思ってるだけかもしれないじゃないですか、坂田は…」 あ「あー、ほら、もうそこらへんにしときなって」 僕が声を荒げそうになった時、そう言って天月君が入ってきた。 あ「まったく、二人とも熱くなりすぎ、もうちょっと楽に考えようよ」 なんてことを言う天月君に、僕は怒りの矛先を志麻さんから天月君に変えた。 すると志麻さんも同じことを考えたのか一瞬目が合う。 ま「いやいやでもさー、そんなこと言って天月君も何も言わなかったじゃん」 あ「あれは…」 し「俺らを止めようとして、実は俺らに勝てる気がせぇへんから一歩引いてるんやないんか?」 僕らに煽られて、天月君は見事にキレた。 あーあ、言葉の節々に棘を感じるよ、めっちゃ笑顔だし… あ「僕は親友であるまふ君とも、元リスナーで大好きだった志麻さんとも、争いたくはなかったんだけど…二人がそう言うならしょうがないよね?」 そして僕らがそんな言い争いをしている中、後ろからも不穏な空気が漂ってきた。 セ「いや~、なんかえらい荒れとるねぇ、luzくん」 る「そうやねぇ、センラくん」 セ「なんや俺らえらい警戒されとらんみたいやし、このままさかたんのとこにでも行きます?」 る「それええなぁ、さかたんに癒されたい」 セ「まぁ俺はluzくんとなら坂田共有してもええで?」 る「奇遇やね、僕もそれ思ってた」 セ「俺ら似てるとこあるみたいやし、こんな奴ら放っといて二人で坂田を愛でようや」 る「センラくんは大分あやしいけどね、まぁその時は僕が止めてあげるよ」 セ「頼むわ、下手に暴走して坂田に嫌われたないしな、じゃあまぁこのあからさまな野蛮人どもに坂田が喰われる前に、俺らでゆっくりおとしにいきましょか」 る「せやね」 そう言って二人は去って行った、誰も気付かぬまま。 え?これって誰が収拾つけるの?え?僕もさかたんのところ行って良い?ねぇ、良い!?.

次の