きくらげ 冷凍。 生きくらげの保存方法と賞味期限!

きくらげを戻した後の保存方法は?期間や賞味期限・冷凍保存方法も

きくらげ 冷凍

生のきくらげの保存方法は冷蔵庫が基本! きくらげは常温でも保存ができますが、キッチンペーパーなどで定期的に水分をふきとってあげたりしなければならず、手間がかかりますので、基本は冷蔵庫で保存するのがいいでしょう。 買ってきてすぐに野菜室に入れておいても1週間はもちますが、より長持ちさせたい場合は、パックから取り出して 表面の水分をキッチンペーパーでふき取ります。 タッパーやビニール袋に入れて密封して保存すると、早く傷むことがありません。 冷蔵庫の中は乾燥していますが、きくらげは水分を多くふくんでいますので、2週間以内であれば乾燥のしすぎを気にしなくても問題ありません。 乾燥きくらげを水で戻したものについても保存方法は同じですが、保存期間の目安は5日ほどが限度でしょう。 スポンサードリンク 長く保存するなら冷凍がおすすめ きくらげを長く保存するなら、手間のかからない冷凍がおすすめです。 きくらげはもともと、乾燥させたのを戻しても、冷凍したものを解凍しても、 味や食感が落ちにくい食品です。 冷凍するデメリットがほとんどないので、長期保存したい場合は冷凍にしましょう。 しかも、冷凍するときには丸ごとでも、使いやすいサイズに切ってからでもいいので、非常に使い勝手がよいといえます。 ラップにしっかり包み、ジップロックに入れるなどして空気を抜けばさらに長持ちします。 使う時は、凍ったままでも熱を通せばすぐに溶けますので、そのまま調理できて大変便利です。 長持ちさせたい場合は、上記のように冷蔵庫、冷凍庫で保存しましょう。 冷蔵庫で最大2週間、冷凍庫で最大3か月は風味が落ちませんが、心配な場合はなるべく早く食べましょう。 また、表面にカビが生えていたり、ぬめりがある場合は食べてはいけません。 まとめ 生きくらげの保存は、冷蔵庫が基本ということがわかりました。 長期保存したい場合は、冷凍保存もできるようですね。 表面にカビやぬめりが出てくる前に、上手に保存して美味しく頂きましょう。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

【きくらげ】の保存方法を紹介!冷凍のコツや解凍方法も!

きくらげ 冷凍

きくらげは、北海道から九州、沖縄に至るまで、日本全国に自生しているキノコなのだが、現在市場に出回っているものは、ほとんどが栽培ものだという。 つまり、椎茸やしめじなどと同じ。 けれども、一般的に身近なスーパーや八百屋の店頭で生のきくらげを見かけることはあまりない。 椎茸、しめじ、なめこ、えのきといったキノコ類に比べると、生のきくらげを使った料理が食卓に上る頻度は高くないからかもしれない。 しかし、採れたての農作物を販売する「道の駅」やJAの直売所などでは、時々生のきくらげが少量ずつのパックに入り店頭に並ぶのでチェックしてみよう。 水で戻して使う乾燥きくらげに比べ、生のきくらげは身が厚く、プリプリ感が強い。 その食感は一度食べたら病みつきになるはずだ。 生のきくらげを保存する時は、水分がつかないようにするのが肝心。 すぐに使わない時は、表面の水分をキッチンペーパーなどで軽く拭き取り、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れておこう。 袋に入れる時にキッチンペーパーや新聞紙で包んでおくとより良いが、次第に紙が水気を帯びてくるので、2日に1度くらいは包んだ紙を取り替える。 そうして水分から身を守ってやるのが長持ちさせるコツだ。 水気から守ってやることで長持ちするとはいっても、生のきくらげの保存期間は常温で1週間、冷蔵で2週間程度。 きくらげがヌメヌメしてきて、表面が溶けてき始めたら、悪くなっているサイン。 また、表面が白っぽくなってきたらカビが繁殖してきた証拠なので、表面に少しだけと思っても食べないこと。 ただし、生のきくらげには、最初から表面に白い粉のようなものが付着していることがある。 これはきくらげの胞子なので心配なし。 あくまで、常温または冷蔵保存している間に、表面の茶色が白っぽくなってきた場合が要注意だ。 もし、大量にもらったり購入する機会があり、短時間では食べきれないと思ったなら、自分で乾燥きくらげを作ってみることもオススメする。 完全に水分がなくなるまで天日干しすればOK。 乾燥剤を入れた保存袋また缶に入れて1年くらいは持つ。 使う時は、市販の乾燥きくらげ同様、水に浸して戻してから使おう。

次の

戻した乾燥きくらげを冷凍保存するとどうなる?食べる時は過熱が必要?

きくらげ 冷凍

Sponsored Link 生のきくらげは水分がつくと傷みが早くなるため、 キッチンペーパーに包んでビニール袋かタッパーに入れて冷蔵庫で保管します。 また、冷凍保存も可能となっています。 冷凍用保存袋に入れて保管しますが、そこでのポイントはなるべく空気を抜いて真空状態を作る事。 空気に触れないようにする事で解凍して使う時に、生のきくらげのコリコリとした食感をなるべく損なう事なく食べる事が出来ます。 さらに、乾燥させて保存する事も出来ますが、水分が完全に抜けるまでしっかり乾燥させて下さい。 水分が残っているとそこからカビが生えてしまいます。 乾燥きくらげは、タッパーに入れて冷暗所で保存するだけで大丈夫です。 きくらげの栄養成分とその働き(効能)は? きくらげに多く含まれる栄養成分はビタミンDです。 ビタミンDは骨を丈夫にする成分ですが、主にしらす干しいわしさんま、鯖といった魚類に多く含まれるとして有名です。 しかし、ビタミンDはきくらげにも多く含まれ、特に生のきくらげは上記の魚類をも凌ぐ含有量となっています。 ビタミンDは魚類やきのこ類の他にはあまり含まれない成分でもあるので、貴重な食材とも言えます。 さらにきくらげには食物繊維や鉄分といった、女性は特に積極的に摂取したい成分も豊富に含まれています。 便秘解消には様々な食材が推奨されますが、きくらげも是非、レパートリーの中の一つに加えてみてはいかがでしょう。 まとめ 生のきくらげはきのこ類特有の菌臭さもなく、食感が楽しめる食材です。 ぷるぷる、つるつるとした食感は子供にも好まれ、また、体の成長に欠かせないビタミンDを多く含んでいる事から小さい時から積極的に食べさせていきたい食材だと思います。 さらに他のきのこ類よりも一足先に旬を迎える食材でもあるので、夏のきのこ料理にきくらげを取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の