ワイルド スピード シリーズ。 ワイルドスピードを観る順番でおすすめは時系列!シリーズのあらすじ一覧

【ワイルドスピードシリーズ】時系列が一目瞭然!なぜ順番が入れ替わったのか徹底解説

ワイルド スピード シリーズ

2001年に幕を開け、いまや世界的人気を誇るカーアクション映画 『 』が、次回作 『 』に続く10作目をもって完結する可能性が浮上している。 英の取材にて、シリーズの主演・製作を務める が、第9作『ジェットブレイク』を 「サーガを終える最後の3部作」の第2作として捉えていることを認めた。 今回の発言は、ヴィンが『ワイルド・スピード』シリーズを10作目で完結させようとしていること、「サーガを終える3部作」が前作『 』(2017)でひっそりと始まっていたことを意味している。 ヴィンはシリーズの計画について、このように語ったのだ。 「10作目の計画は、『ジェットブレイク』の撮影が始まるよりもずっと前から始めていました。 このユニバースは非常にたくましく、才能に恵まれ、あるレベルでいえば、ストーリーにも恵まれています。 きちんとスピンオフを作ることもできるし、それは必然的なことだと思うんですよね。 ユニバーサルはそういうことをするに値するほど、この小さなサーガに十分投資してくださいましたから。 ユニバーサルにお返しができれば良いですね。 そしてファンのみなさんに対しては、 10作目のパート1・パート2で(シリーズを)終わらせられれば、今後の世代へ続けていくためにも良いと思っています。 」 ここでヴィンは、サーガの締めくくりとなる10作目を2部作として構想していることを明かしてもいる。 『ワイルド・スピード』を長期的に継続していくため、現行のメインシリーズを10作目で華々しく完結させたいという考えだろう。 その後、シリーズはきっと新たな展開へ進んでいくはずだ。 すでにドウェイン・ジョンソン&ジェイソン・ステイサム主演による『 』(2019)が人気を博しているほか、女性キャラクターのスピンオフ企画も進行中。 2019年には、Netflix製作のスピンオフアニメ「ワイルド・スピード: スパイ・レーサー」も配信されたのである。 サーガ完結に向けた重要な橋渡しになるとみられる『ジェットブレイク』には、ドミニク・トレット役のヴィン・ディーゼルをはじめとするオリジナルファミリーがカムバックするほか、『ICE BREAK』に登場したサイファー役のシャーリーズ・セロンも再登場。 ドムの弟ジェイコブ役を演じるジョン・シナほか新たなキャラクターも参戦するほか、死んだはずのハン(サン・カン)の復活も話題を呼んでいる。 監督は『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013)以来の復帰となるジャスティン・リンが務め、コンパクトカーとロケットの合体や、ステルス戦闘機との空中マグネット合体など想像を超えるアクションを見せつける。 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』は2020年5月29日(金)全国超拡大公開。

次の

『ワイルド・スピード』シリーズの順番を紹介。おすすめは時系列順!

ワイルド スピード シリーズ

どうもでょおです。 あなたはがワイルドスピードシリーズで好きな作品は何ですか?好みは人それぞれなのでどれが好きかどれが面白いかは人によって異なりますよね。 今日は私が勝手な目線で ワイルド・スピードシリーズの面白い順番、おすすめ順番を評価付けしてみました。 まだワイルド・スピードシリーズを見たことがない人なら参考にしてみても良いと思います。 あくまで単体作品としてみた面白い順、おすすめ順になります。 ではどうぞ。 第9位 ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT やっぱり最下位は『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』。 いや面白くない訳ではないんですよね。 ストーリーに無理があるとはいえ設定的には面白いんですが、やはりブライアンとドミニクがいないワイルド・スピードはちょっと退屈です。 シリーズ全体を通してみるとハンを深く描いたハンのスピンオフ作品になる本作ですが、ハン自体が主人公ではなくおまけに主人公で高校生なのにハゲかかってるショーンがへぼ過ぎてがっかりな作品になっています。 ちゃんと日本でロケをして日本人俳優もたくさん出てるので日本人からすると面白い部分がたくさんあるかもしれませんね。 第8位 ワイルド・スピード MAX いやこれも面白いんですよ。 シリーズにドミニクとブライアンが帰ってきて待望のシリーズなんです。 でも『ワイルド・スピードMAX』って全編通して重いんですよ。 めちゃめちゃ重いです。 ドミニクは死んだレティの復讐のために戦い、ブライアンは仕事と友情の間で激しく揺れます。 個人的にはワイスピシリーズはもっと楽観的で面白い作品が好きです。 第7位 ワイルド・スピード ICE BREAK 同じような理由ですが『ワイルド・スピードICE BREAK』もかなり重い。 ドミニクはエレナと息子を人質に取られて、ファミリーはドミニクになぜか裏切られてという設定がまあ重いのなんの。 そんなシリアスにせずにもっと楽しく面白くやってほしいです。 さらにブライアンがファミリーから抜けたこともあり、その穴が埋まりきりませんでした。 この重苦しい空気の中ではローマンのおちゃらけも笑いきれません。 第6位 ワイルド・スピードX2 個人的にワイルド・スピードの真骨頂ってこういうテンションなんだと思ってます。 敵はいるし危険なこともたくさんあるけど、レースがあって夢があります。 大金をせしめた ストーリーが単純だとか見せ場が小さいとか、そういう事じゃなくて、こういう軽いノリで見れて車が主人公のようなワイスピが好きです。 第5位 ワイルド・スピード EURO MISSION 『ワイルド・スピード EURO MISSION』も重い作品ではあるんですが『ワイルド・スピード MAX』や『ワイルド・スピードICE BREAK』と違い仲間同士の対立がありません。 唯一敵側についているレティですが彼女は記憶を失いドミニクたちやファミリーの事を覚えていません。 彼女を救うためにチーム全員が一丸となって戦う所は非常に見所があります。 さらにロマンス要素も増えたり、戦車や車をひっくり返すための車が登場したりと見所が満載でした。 第4位 ワイルド・スピード 記念すべきシリーズ第1段です。 やはり車好きからするとこれくらい車が主役でないと面白くありません。 「映画」として見ると多少雑ですし退屈な部分もありますが「車の映画」として見るとここまでテンションのあがる作品はそれほどありません。 特に日本車やJDM好きな人からするとここまでの映画は他に存在しないんじゃないかと思います。 今のワイスピシリーズにはないアングラ感、サブカル感もめちゃめちゃ好きです。 そもそもこのランキングの中に含めることすら間違ってると思う。 だってスピンオフだし車映画じゃないから。 はっきりいってアクション映画として見るのなら歴代1位の面白さがあります。 ただやはりこれまでのファンとしてはあくまでスピンオフとしての立ち位置ですし、お馴染みのメンツもいないのでどうやっても3位以上には上げられませんね。 本作に関しては無理やりランク付けした感じ。 第2位 ワイルド・スピード SKY MISSION 第2位は『ワイルド・スピードSKY MISSION』です。 撮影終了を待たずして不慮の事故で亡くなったポール・ウォーカーに捧げられた作品で、10年以上シリーズのファンだった私からすると涙なしには見れません。 10年来のファンからすると間違いなく本作が傑作でしょう。 ただこの記事は面白い順、おすすめ順なので作品としては2位止まりにしておきました。 あまり良い表現ではありませんが、奇しくも起こったポール・ウォーカーの悲劇的な死のおかげで作品の評価が上がってしまいました。 第1位 ワイルド・スピード MEGA MAX 私が個人的におすすめする最も面白い作品が『ワイルド・スピードMEGA MAX』です。 本作ははじめてこれまでの登場人物を一同に登場させたまさにお祭り映画でした。 公開当時はもうワイスピ版アベンジャーズ状態の盛り上がりでしたね。 ブラジルの悪の親玉の金庫を奪って復讐するという内容で非常に痛快な作品でした。 敵だったホブスが最後の最後で逃がしてくれるのも往年のアクション映画のようで好きです。 ワイルドスピードシリーズって実は純粋なハッピーエンドってあまりないんですよ。 多分、純粋なハッピーエンドってワイスピ2とワイスピ5だけです。 誰かが死んでしまったり、懲役刑が言い渡されたり。 でもメガマックスは完全なハッピーエンドなんですよ。 エンディングのドミニクとブライアンの会話の中で「妹のあんな幸せな顔は見たことない」「自由だから」というやり取りに全てが集約されていると思います。 作品として傑作かどうかは微妙な所ですが非常に楽しめるシリーズ屈指に好きな作品です。 最後に いかがでしたでしょうか。 あくまで私が好みで決定したおすすめ順になります。 例えばスカイミッションは10年来のファンなら面白いし傑作だと感じるでしょうが、本作が初見だとそれほど面白くないと感じるかもしれません。 ただどれも甲乙つけがたいです。 どの作品が特別面白くなくて、どの作品が特別面白いとかはなくてどれも同じような感じになりますのでご安心ください。 dyoblog.

次の

ワイルド・スピードはこの順番で見よ!シリーズ10作品の時系列・あらすじを徹底解説【ICE BREAK】

ワイルド スピード シリーズ

ワイルド・スピード(2001)• ワイルド・スピードX2(2003)• ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006)• ワイルド・スピードMAX(2009)• ワイルド・スピードMEGA MAX(2011)• ワイルド・スピードEURO MISSION(2013)• ワイルド・スピードSKY MISSION(2015)• ワイルド・スピードICE BREAK(2017)• およそ2年間隔で新作をリリースしてきたワイルド・スピード。 ただ、既にワイルドスピードを公開順で観てきた人なら仕方ないが、 これからワイルドスピードを観ようと考えているなら 絶対に時系列で観てほしい。 時系列を続いて紹介します。 ワイルドスピードの時系列• ワイルド・スピード(2001)• ワイルド・スピードX2(2003)• ワイルド・スピードMAX(2009)• ワイルド・スピードMEGA MAX(2011)• ワイルド・スピードEURO MISSION(2013)• ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006)• ワイルド・スピードSKY MISSION(2015)• ワイルド・スピードICE BREAK(2017)• では、何故公開順ではなく、時系列順に観ていくのをおすすめしているか理由を説明したのが次になります。 鑑賞順は時系列がおすすめの理由 ワイルドスピードの鑑賞順が公開順ではなく時系列で観ることをお勧めしたい理由が2つあります。 ネタバレが入ってしまう• 登場人物が亡くなったのか生きてるのか分からなくなる この上記2点が理由で時系列で観ることをお勧めしております。 そして2点目の登場人物が亡くなっているのか?生きているのか分からなくなる点。 ここに関してもう少し解説します。 ハン・ソウルオーはいつ亡くなったのか? ワイルドスピードのヒット理由の一つに人種を超え、とにかく多人種が登場している点もヒットの一つだと考えています。 余談ですが、TOKYO DRIFTに北川景子さんが登場しています。 (是非、見つけてくださいね) ハン・ルーはワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTで登場し、ワイルド・スピードSKY MISSIONで亡くなってしまいます。 これを踏まえた上で時系列を公開順を比較した表が下記になります。 少しだけ内容に触れますが「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」で存在感を出していたハン・ルーはTOKYO DRIFTで車を横から追突され亡くなった様な描写があります。 なのに、その後公開された MAX,MEGA MAX,EURO MISSIONと登場するので公開順に観ている人にとっては「???」となってしまうんですよね... この不要な混乱を避けるためにも時系列で観ることを強くお勧めします。 時系列と公開順が違う理由 時系列が公開順と違う理由として「 監督の都合」が大きく影響しています。 これは同時にワイルドスピードが大きくヒットした理由にもなるので皮肉かもしれませんが... 大抵のシリーズモノと言えば1作目が大ヒットし2作目でコケる。 3作目で持ちこたえるか、下降線を一気に辿りシリーズ消滅。 という流れが悲しくも多いのが現実。 そこには監督自身のマンネリがあると思います。 ただ、ワイルドスピードが凄い点でもあるのですが、様々な監督がワイルドスピードを手がけています。 ここでは公開順に紹介しますが、3作目以降「ジャスティン・リン」監督が唯一連続で撮っています。 その理由を興行収入と制作費の表からご覧ください。 ハリウッドドリーム。 話が逸れてしまいましたが、 注目してほしいのはジャスティン・リン監督になった3作目の製作費と興行収入。 なんと、 1〜3作目で一番お金をかけたのに一番コケてしまった。 という問題作!? その後、見事にV字回復をさせていますが... 当時は監督として相当焦ったでしょうね。 ここに時系列と公開がズレてしまった要因にも繋がっていると感じています。 この3作目の結果を踏まえて4作目に突入しますが、 さすがに前作(1及び2)で人気だったブライアン・オコナー(故ポール・ウォーカー)を再起用します。 こうして歪んだ公開順と時系列を取り戻すべく、 辻褄を合わせる意味としてもジャスティン・リン監督が次の監督に変わる最後の作品ワイルドスピードSKY MISSONで全てを上手くまとめてバトンタッチに至りました。 ここに全てをややこしくさせた要因があったんですね。 無理やり!?回収した監督も凄いけど... そして、また次作ではジャスティン・リン監督がメガホンを握ることが明らかになっていますので色んな意味で期待が持てます。 最後に、改めてお伝えしますがワイルドスピードを観るなら必ず時系列で観てくださいね。

次の