ハナ カマキリ。 カマキリ

どこから見ても「花」みたいなハナカマキリ、なんでこんな姿になったの?

ハナ カマキリ

多摩動物公園昆虫園では、一年中ハナカマキリを展示するために、一年に何度か卵を孵しています。 2013年6月末から卵をとる準備に入り、週に何度かオスとメスの成虫を同居(ペアリング)させて、交尾を試みています。 カマキリといえばよく知られている通り、交尾中にメスがオスを食べてしまうことがあります。 ただ、東京でよく見られるオオカマキリなどは、オスとメスの大きさにそれほど違いがなく、仮に襲われても少しは抵抗できるので、必ず食べられてしまうということはありません。 ではハナカマキリはどうなのかというと、オオカマキリとは違い、捕まったら逃げようがなく、まず間違いなくメスのお腹の中へ直行です。 なぜなら、ハナカマキリのオスはメスの3分の1程度の大きさしかなく、一見すると別種と間違えるほどの姿だからなのです。 小さく非力な体にもかかわらず、食べる気満々の強大なメスに自分から歩み寄って行かなければならないという、そんな圧倒的に不利な条件を乗り越えるため、ハナカマキリのオスはいくつかのくふうをします。 まずはメスの視界に入らないように背後から忍び寄ること、そしてメスが食事中など夢中になっているとき以外は動かないこと。 いわゆる「だるまさんがころんだ」戦法です。 これでうまく隙をついてメスの背中に乗れたとしても、まだ油断はできません。 その気になればメスは背中にも前脚(カマ)が届くからです。 そこで、敵や餌と判断されて攻撃されないためなのか、オスはメスの背中を前脚を使って高速で何度も叩きます。 これを繰り返すことで、メスは背中に乗っているのが交尾に来たオスと判断してくれるのかもしれません。 【ハナカマキリオスの求愛行動の動画】 ここまでくれば大抵交尾成功となりますが、オスによって行動の上手さにかなりの差があり、中には堂々とメスの正面から向かって行ってしまうもの、メスの前と後ろを間違えて乗ってしまうもの、背中に乗った後も前進を続けメスの頭に乗ってしまうもの、背中を叩いたのにメスから無視されるものもいます。 そんなこともあり、同居中はなかなか目を離すことができず、毎年ハラハラしながら見守っています。 同居のようすは公開していませんが、展示しているメスを見ながら、オスの苦労に思いを馳せていただければ幸いです。 写真:ハナカマキリのオスとメス 〔多摩動物公園昆虫園飼育展示係 渡辺良平〕 (2013年07月05日).

次の

ハナカマキリの特徴は?販売価格や飼育方法も! | ペット総合情報ブログ

ハナ カマキリ

[156]インドネシア ジャワ島 美しき狩人ハナカマキリ 熱帯の森に咲く インドネシアのジャワ島に広がる熱帯の森。 ここに恐るべき肉食昆虫がいる。 他の生き物が全く気付かないほど周囲に溶け込み、突然、必殺技を繰り出すカマキリの仲間たちだ。 木の皮にしか見えない『キノハダカマキリ』、重なる2枚の枯れ葉そのままの『カレハカマキリ』、折れた枯れ枝そっくりの『カレエダカマキリ』…。 その中で、最も美しく、最も恐ろしいハンターが『ハナカマキリ』だ。 白とピンクの美しい色合いで「花」になりきり、葉の上にぽつんとたたずむ。 天敵からは花の姿で隠れながら、獲物のミツバチには花の姿を果敢にアピール、まんまとおびき寄せる。 カマでしとめる速さは、驚きの0. 03秒だ! 2012年の「ダーウィンが来た!」の取材では、ハナカマキリが匂いでも獲物を誘っている可能性を見つけたが、その後の研究で、その匂いの驚きの正体が突き止められた。 あるものをまねた特殊な匂い成分で、これでカマの寸前まで確実に獲物をおびき寄せていたのだ。 最新の研究結果も交え、超絶テクニックを徹底検証する。 とにかく手ごわい。 植物になりきって、まるで忍者のように周囲の環境に溶け込んでいます。 たとえ「もういいかい?」と呼びかけて、「もういいよ!」と言われたとしても、どこをどう探したらいいのか…。 みずみずしい緑の葉っぱに、シミや穴まである枯れ葉、わざわざ折れ曲がって枝に引っかかる枯れ枝になるものまで!そのディティールにこだわる姿や隠れ方は、もう芸術の域です。 こっちの方が、いつまでたっても「まあだだよ!」です。 謎の熱帯ダンサー 今回、衝撃的(笑劇的?)な「擬態昆虫」にも出会いました。 頭にソフトクリームのようなくねくね曲がった長~い角のようなものが生えている不思議なカマキリです。 現地の名前は、伝統的な剣「クリス」の形にちなんで「クリスカマキリ」。 奇妙な頭もさることながら、擬態のポーズをとる前に、謎のダンスを踊るんです!それも「踊るのは当然でしょ!」とでも言わんばかりの落ち着いた身のこなし!もちろん、ユニークな姿も行動も擬態のためなんですが…。 進化の奥深さ?をひしひしと感じました。 擬態昆虫の女王 数いる「擬態昆虫」の中でも、「ハナカマキリ」は特別です。 ふつう「擬態昆虫」は「誰も見ないで!見つけないで!」といった雰囲気をかもし出すんですが、「ハナカマキリ」は、「美しい姿ですが、何か?」とでも言いそうなほど自信満々。 生きものの持つ無限の可能性をかいま見させてくれるハナカマキリ。 ぜひ、その魅力の数々を番組でお楽しみ下さい!.

次の

2月15日通関・ハナカマキリ・ヒョウモン・カレハカマキリを販売中!昆虫販売アリスト

ハナ カマキリ

今回は花に擬態する美しきハンター、ハナカマキリについて紹介したいと思います。 ほとんどのカマキリが枝や枯れ葉など擬態をして獲物を狙っています。 ハナカマキリは日本にはいないカマキリで生息地は東南アジアの熱帯雨林。 メスはオスよりも倍異常の大きさがあります。 色はやはりランに似せているので白とピンク。 さらにハナカマキリには特殊な能力があります。 見た目だけが花に擬態するのではなく花と同じように紫外線を吸収することでエサとなる昆虫たちをおびき寄せています。 そして狩りの仕方は持久戦。 ハナカマキリは自らは動くことをしません。 花に擬態し、さらに虫達が好きな匂いを自ら放ちます。 そこへやってきた昆虫達を一瞬にして狩っていくのです。 他のカマキリは緑や枯れ葉の茶色などどこでも擬態が出来るという万能型ですがハナカマキリはランにしか化けれないという超特化がたの擬態能力。 しかし、この進化の方法で今日まで繁栄してこれたということはそれなりに良かったということかもしれません。 何より美しい。

次の