動画 に 音楽 を つける iphone。 動画に音楽をつける方法とアプリケーションを紹介

【YouTube】「音声」ツールで動画にBGMをつける方法

動画 に 音楽 を つける iphone

豊富なライブラリから選べる音声でシーンをより効果的に YouTubeには「」以外にも、「音声」「アノテーション」「字幕」といった動画の編集ツールが用意されています。 ここでは「 音声」ツールを利用して、YouTubeが用意している無料の「オーディオ ライブラリ」から音声(BGM)をつけてみましょう。 1「マイ チャンネル」を表示する YouTubeの左メニュー、または左上のメニューボタンをクリックすると表示される[マイ チャンネル]をクリックします。 2音声(BGM)をつけたい動画を選択する [アップロード動画]から、修正したい動画を選択します。 3「音声」を表示する 自分がアップロードした動画の左下には、鉛筆や音符などの動画の編集ツールのアイコンが並んでいます。 左から3番目にある[音声]をクリックしましょう。 4音声(BGM)をジャンルから探す 動画の右側に音声(BGM)のリストが表示されています。 5音声をキーワードから検索する ジャンル以外にも、キーワードで音声(BGM)を検索することもできます。 音声のリストの下にある検索ボックスにキーワードを入力して虫眼鏡のアイコンをクリックすると、そのキーワードが含まれる音声が表示されます。 曲名の多くは英語なので、キーワードは英語で入力しましょう。 6音声(BGM)を動画にあてはめる ジャンルや検索結果のリストから音声(BGM)をクリックすると、動画の下に選んだ曲が表示されます。 この時点では、元の動画と音声はどちらも最初から再生されます。 7ボリュームを調整する 元の動画に入っている音声を生かしながらYouTubeの音声(BGM)を再生したい場合は、ボリュームバーを調整します。 最初はバーのつまみがいちばん右にあり、[音楽のみ]と表示されています。 この状態では元の動画の音声は消え、YouTubeの音声だけが聞こえます。 バーのつまみを左にドラッグすると[音楽を優先][均等][オリジナル音声を優先]と表示が変化していくので、プレビューで実際に聴きながら、元の音声とYouTubeの音声のボリュームのバランスを調整しましょう。 8音声を入れる位置を調整する 音声(BGM)を途中から開始したい場合や、元の動画の途中から開始したい場合は、[音声の位置決め]をクリックしましょう。 音声のタイムライン(波形)が表示されます。 タイムラインの左端を右にドラッグすると、音声の開始位置が後ろに移動します。 右端を左にドラッグすれば、終了位置が前になります。 また、タイムライン自体をドラッグすることで、動画内での音声の再生位置を指定できます。 例えば「音声の3秒目以降を動画の5秒目から再生したい」ときは、タイムラインを左端を「0:03」の位置まで右にドラッグし、右端を動画内に収まるように左にドラッグします。 そしてタイムライン自体を動画の「0:05」の位置までドラッグすればOKです。 編集が完了したら、[位置決め完了]をクリックします。 9変更を保存する 最後に、ここまで行った変更を保存します。 青い[保存]ボタンをクリックして上書き保存しましょう。 別の動画として保存したい場合は、[新しい動画として保存]をクリックすると、「(元の動画のタイトル)のコピー」というタイトルで変更後の動画が保存されます。 変更内容をリセットしたい場合は[最初の状態に戻す]をクリックします。 なお、動画に効果音をつけたい場合は、YouTubeの「オーディオ ライブラリ」からダウンロードし、より詳細に編集できるツール「動画エディタ」を使うと便利です。 「動画エディタ」と「オーディオ ライブラリ」を利用して動画を編集する方法は、別の記事で解説していきます。 関連まとめ記事• close 閉じる.

次の

iphoneで動画編集、BGMの入れ方 ~アプリiMovieの使い方(2)

動画 に 音楽 を つける iphone

この記事のINDEX• iPhoneで撮影した動画、みなさんどんなアプリでトリミングしていますか? 実はiPhoneのカメラロールの編集機能で、トリミングすることができるんですよ! iPhoneの編集機能で動画をトリミングする方法 カメラロールに入っている編集機能で動画をトリミングする方法は、とても簡単。 トリミングしたい動画を選んだら、 右上にある[編集]ボタンをタップします。 すると下にスライダーが表示され、動画の始まりや終わり、そして動画の長さをトリミングできるようになります。 スライダーの左右にある矢印マークのどちらかをタップすると、スライダーが黄色の枠に囲まれて表示されるので、 あとは 左右どちらかの矢印を動かしてトリミングするだけ。 トリミングし終えた動画は、 新規クリップとして保存されます。 動画のサイズ変更に使えるアプリ ちなみに、この編集機能で動画の長さをトリミングできても、 動画のサイズ変更はできません。 なので別のアプリをダウンロードする必要があります。 そんな時に使えるのが、 ビデオスミスという動画編集アプリ。 ただ 無料版には保存した動画にロゴの透かしが入ってしまいます。

次の

ご注意!iPhoneの動画をMacに取り込む方法

動画 に 音楽 を つける iphone

iPhoneで毎日たくさんのビデオを撮っている方が多くいると思います。 撮影した動画にBGMを入れて編集するのはいかがでしょうか。 動画に音楽をつけるだけ、素敵なムービーのような動画になれます。 では、iPhoneで動画に音楽を入れる方法はご存じでしょうか。 この記事では、 iPhone用の動画に音楽をつける方法及びアプリをご紹介します。 こちらはiPhoneやiPad、Macなどのアップル製品にプリインストールされた無料の動画編集アプリです。 BGMを動画に入れられる以外に、、、テキスト、フィルターなどの便利な機能もありますので、一押しのチョイスです。 下記の手順に従い、iMovieで動画に音楽を追加します。 1.動画をインポートします。 iMovieを開いて、「+」をタップします。 「ムービー」をタップします。 音楽をつける動画をタップして選定してから「ムービーを作成」をタップします。 2.元のBGMを削除する。 タイムラインの動画をタップして選定してから「切り離す」をタップします。 するともとのBGMがビデオから切り離され、「削除」をタップして、BGMが削除されます。 3.動画に音楽をつけます。 「+」をタップします。 入れたい音楽をタップすると、自動的に再生されます。 右側の「+」をタップすれば、選定した曲が動画に追加されます。 必要があれば、動画と音楽をトリミングしたり、テキストとフィルターを追加したりなどの編集もできます。 4.BGM入りの動画を出力します。 「完了」をタップして、プロジェクトを保存します。 画面下部の中央にあるボタンをタップします。 「ビデオを保存」をタップして、音楽が追加された動画をカメラロールに書き出します。 こちらはiPhoneでもAndroidスマホでも利用できる動画に音楽をつける無料アプリです。 基本的な動画編集機能が揃われている上に、可愛いステッカーやミュージック、エフェクトなどのオンライン素材も豊富に提供されています。 iPhoneでInShotを使って動画に音楽をつける方法も簡単です。 以下はInShotを利用して、iPhoneで動画にBGMを入れる方法です。 1.InShotを端末にインストールします。 下記のボタンをクリックして、InShotをダウンロード&インストールします。 2.動画ファイルを読み込みます。 3.音楽を動画に追加します。 「音楽」アイコンをタップします。 「曲」をタップして、ミュージックライブライまたは「iTunes」から好きな曲を選んで、動画に用いることができます。 「エフェクト」をタップして、動画に音声エフェクトを追加することができます。 「録音」をタップして、動画にアフレコなどの録音を入れることができます。 動画ファイルをタップして、音量を一番左へスライドして、元のBGMを消します。 4.音楽が追加された動画を書き出します。 編集画面で右上のアイコンをタップして、「保存」をタップすれば音楽が入れられた動画は端末に保存されます。 ワンクリックで、InstagramやFacebookなどのSNSにシェアすることもできます。 初心者向けのアプリなので、動画編集に経験のない方でも簡単に動画に音楽をつけることができます。 完全無料なので、1080p画質で透かしなしの動画を出力することもできます。 BeeCutを使って、iPhoneで動画に音楽を挿入する方法は以下ご参考ください。 1.BeeCutをスマホに入れますします。 下記のボタンをクリックして、BeeCutをアプリストアからダウンロードして、iPhoneに入れます。 2.ビデオファイルをインポートします。 アプリを立ち上げて、「ビデオをインポート」をタップします。 ビデオを選択して、「次へ」をタップして、アスペクトを選んだら、「確定」をタップします。 3.ミュージックを動画に追加します。 ツールバーの「ミュージック」をタップして、「追加」をタップします。 「録音」をタップする場合、動画に録音を追加することができます。 iTunesの曲が一覧表示されるので、タップして、「使用」ボタンで動画に追加されます。 タイムラインの動画ファイルをタップして、ツールバーの音量をタップして、元のBGMを消します。 4.動画を出力します。 右上の「出力」をタップして、画質を選んで、BGMが挿入された動画をカメラロールに保存します。 まとめ 以上はiPhoneで動画に音楽を入れる方法及び無料アプリの紹介でした。 iPhoneユーザーなら、一番便利な動画に音楽をつける方法はiMovieだと思いますが、Androidスマホで動画に音楽をつける場合、InShotとBeeCutを試してください。

次の