縛りなしwifi メリット。 【月額料金3300円】縛りなしWiFiは評判良いの?全メリット・デメリットを徹底調査

レンタルするべき?縛りなしWiFiのメリット・デメリットを解説!

縛りなしwifi メリット

通信エリアは2つ 縛りなしWiFiでは、WiMAX回線とソフトバンク回線を使ったポケットWiFiが用意されています。 そのため、通信できるエリアはそれぞれの回線で異なります。 東京近辺の通信エリア比較 大阪近辺の通信エリア比較 通信可能エリアに大きな差はないようですが、基本的にソフトバンク回線の方が少し広いエリアをカバーしています。 との詳細については、公式ページを確認してください。 用意されている機種は全部で4つ WiMAX回線の場合、「Speed Wi-Fi NEXT W04」、「Speed Wi-Fi NEXT WX05」のどちらかを使うことができます。 なお、W04は1つ型落ちのルーターで、WX05はWXシリーズの最新機種となっています。 一方のソフトバンク回線では、「Pocket WiFi 502HW」、「Pocket WiFi 603HW」のいずれかが利用可能です。 連続通信時間は502HWが約10時間となっていますが、603HWでは約8. 5時間と短め。 ただし、下り速度の理論値は603HWの方が高くなっています。 なお、自分から端末を選ぶことはできません。 縛りなしWiFiの運営会社がチョイスして送ってきます。 安くて無制限で有名モバイルWiFiルーターが使い放題で、解約OKならこの評価も当然です。 縛りなしWiFiの開封レビュー 筆者はソフトバンク回線対応のルーターが送られてきました。 事前にメールで、「端末不足でホームページには載っていない端末の発送になる」と言われていたので、今回届いたFS030Wに関しては特に不満なし。 縛りなしWiFiは、レターパックライトで送られてきます。 ポスト投函なので、在宅していなくても受け取れるのは嬉しいですね。 レターパックライトの中には、モバイルWiFiルーター FS030W と、ACアダプタ、USBケーブルの3つがエアパッキンに包まれて入っています。 あとは電源を入れたら利用可能です。 WiFiのSSIDやパスワードは、ルーターの背面に書かれています。 これを使ってスマホやタブレット、パソコンなどとWiFi接続をしましょう。 20時台でも快適!通信速度は十分です 筆者が送られてきた端末はソフトバンク回線に対応しているので、そこまで速度は速くないと思っていました。 ですが速度を測ってみると、20時台でも十分な速度が出ており、今の所快適に使うことができています。 「縛りなしWiFi」の速度測定結果 21時近いけれど、そこそこ速い速度で通信ができています。 ソフトバンク回線/FS030Wでの測定です。 — クズ DigitalNews365編集部 deginew365 回線が混みやすい時間帯に測定し、下り速度18. 8Mbps、上り速度13. 8Mbps。 ソフトバンク回線は4G LTE通信なので爆速とは行きませんが、20Mbps近い速度が出ているのなら十分です。 この速度なら、Abema TVでもYouTubeでも快適に視聴ができます。 縛りなしWiFiを3ヶ月使用感想まとめ 話題の縛りなしWifiを3ヶ月使ってみましたが、料金にも通信にも特に不満もなくいい感じです! 余計なサービスを省く事で新しい端末を安くレンタルできると話題の縛りなしWiFiですが、実際3ヶ月使ってみても 安かろう悪かろうといった点はなく、通信状態も良好でした。 ネットサーフィンや動画の視聴もストレスフリーに使えています! 縛りなしWiFiのここがイマイチ?悪いクチコミと 3つのデメリット 基本的には満足の縛りなしWiFiなんですが、レビューをする中で感じた、デメリットをいくつかご紹介します。 回線・機種を選べない 縛りなしWiFiではWiMAXとソフトバンク回線が用意され、各回線に2種類のモバイルWiFiルーターが用意されていますが、基本的に回線や機種を自分で選ぶことはできず、運営元に選んでもらい発送されたものを使います。 選ぶ基準は、自宅住所のエリア対応が濃厚です。 自宅地域がWiMAXのエリアに対応していない場合はソフトバンク、対応していたらWiMAX回線という基準になっていると予想されます。 ただし、縛りなしWiFi側でWiMAX対応ルーターが全て貸し出しされている場合、ソフトバンク回線の端末が送られてくるということもあるようです。 どちらにせよスペックが極端に低いルーターではないため、回線や機種を選べないのはほとんどの人にとって些細な問題でしょう。 実際に筆者の地域はWiMAX対応エリアでしたが、縛りなしWiFiさんから次のようなメールが送られてきてソフトバンク回線のルーターが自宅に到着しました。 色々と送られてくる回線、端末を予想していましたが、端末の在庫によっても何が送られてくるか変わってくるようです。 ちなみに、回線ごとの通信速度制限は次のように設定されています。 WiMAX回線:3日10GB以上の使用で速度制限• ソフトバンク回線:1日3GB以上の使用で速度制限 WiMAXは、翌日の18時から2時の間まで約1Mbpsに通信制限。 ソフトバンク回線は3GBを超えたら、当日128kbps以下に速度制限されます。 個人的にはWiMAX回線の方が使いやすいかなと感じました。 ただし、両者とも月の使用通信量には上限はなく無制限で使い放題なので、短期間に異常に通信を使用する人でなければデメリットとは言えないようです。 注文が殺到して電話が繋がらないことがある 縛りなしWifiはかなり人気のポケットWiFiなので、 電話しても混み合っていることが多く、繋がらない事も多いようです。 対応センターを拡大したそうですが、実際のところはまだまだ足りていないのかもしれません。 ちなみに筆者の応募時はメール応募しましたが、メールの場合には当日中に返信がもらえました! 個人的には後から再確認できるメール応募がオススメ!そこまで電話が繋がらないなんて、縛りなしWiFiの人気の高さが分かります…。 本体が故障した場合、弁償代がかかる モバイルWifiルーターは普段から持ち歩くことが多く故障や紛失のリスクが高いため、弁償費用が高額となると不安な方も多いでしょう。 レンタルしているルーターを故障・紛失した場合、縛りなしWiFiの弁償費用は他社より少し高く、 39,800円を支払わないといけません…。 ルーターの契約のみ加入できる• 契約から半年経過している• 半年に1度のみ適用できる• プランの途中解約はできない 他社の端末故障・紛失では最悪20,000円近くなることもあるので、安心サポートプランに加入しておけば縛りなしWiFiの方が安心して使えますね。 使ってわかった!縛りなしWiFi 5つのメリット 実際に1週間ほど縛りなしWiFiを使ってみて感じたメリットをご紹介します。 とにかく費用が安く、月額料金が業界最安級 通常WiMAXやポケットWiFiを契約する場合、初期費用として3,000円、高いところだと機種代金込みの費用を請求させられます。 一方の縛りなしWiFiは契約事務手数料もなく、機種代金も無料! レンタルという形を取っているので、解約後は端末の返却が必要になりますが、それでも返却費用が1,000円程度なので、月額料金以外の面でも非常に優秀なことがわかります。 そして縛りなしWiFiは月額料金も格安です。 他社の月額レンタルポケットWiFiと比較しても、その安さは明らか!おまけに、 長く使えば使うほどお得になるので更にお安くなっています。 レンタル会社 月額料金 縛りなしWiFi 3,300円 3年契約なら2,800円 SPACE WiFi 3,680円 Famifi 2,480円 〜 3,980円 SAKURA WiFi 3,680円 STAR WiFi 3,680円 Famifiは2ヶ月間のみ2,480円で使えますが、その後は3,980円となってしまうので、実はそこまで安くありません。 おまけに初期手数料が発生するので、トータルで見れば縛りなしWiFiが最も好条件であることは確実。 現状、これ以上安い月額制レンタルポケットWiFiは存在しません。 縛りのある購入タイプで契約するWiFiでかなり有名な「GMOとくとくBB」と比較してみても、解約金がないことがどんなにお得かわかります。 縛りなしWiFi GMOとくとくBB 初期費用 3,000円 3,000円 契約期間 なし 3年 解約金 なし 1年目19,000円 2年目14,000円 3年目9,500円 月ごとの通信制限がなく使い放題 縛りなしWiFiでは月間通信量の上限がないので、毎月Wifiが使い放題です。 一般的な使い方では1日2GBも使うことはないので安心してください。 契約期間による違約金が発生しない 月額制レンタルポケットWiFiの良いところは、初期費用が一切かからない他に、契約期間による違約金が発生しない所にあります。 サービス会社によっては、初期手数料で解約事務手数料を貰うところもありますが、縛りなしWiFiはそういった制度も一切ありません。 2年、3年縛りなしで、いつでも0円で解約できます。 なお、 1ヶ月以上のレンタルが必須です。 また、解約は解約申込み月の翌月末になります。 2019年2月に解約を申し出たら、3月末が解約実行日になるイメージです。 解約後は、5日以内にデータ端末、アダプタ、USBケーブルの返却をおこなってください。 唯一費用が発生するのが、端末紛失・故障・水没時の弁済金です。 何かしら故障や紛失があったら税抜き39,800円の費用が発生します。 オプションの契約が必須ではない 昨今はレンタルポケットWiFiが流行ってきていますが、中には契約時に数百円のオプション加入必須としている会社もあります。 例を挙げると、STAR WiFi、SAKURA WiFiです。 確かにオプションは後から解約できますが、それをするにはお問い合わせから手続きを行う必要があるので手間がかかります。 忘れてしまうと必要以上の月額料金を払わなければいけないので、結果的に損をしますよね。 一方の縛りなしWiFiは、契約時にオプションを選ぶ必要がありません。 「安心サポートプラン」と「モバイルバッテリー」の2つのオプションが用意されていますが、これらを申し込み時に選ばなくても契約することができます。 通信速度も速い 筆者はソフトバンク回線のポケットWiFiが送られてきました。 そこで実際に通信速度を測ってみたところ、午後15時頃で下り27. 0Mbps、上り8. 19Mbpsの速度を記録することができました。 夜の時間帯でも体感速度は遅いと感じず、10Mbps以上の速度は出ているので個人的には満足しています。 この速度であればネットサーフィンはもちろん、YouTubeやAbema等の動画配信も快適に見ることができます。 縛りなしWiFiで本当にいいの?人気WifFi業者12社を徹底比較してみた! モバイルWiFi業者でよく話題にあがる13社(購入系含む)を月額料金・縛り期間・月間通信上限で比較してみました! 人気WiFi業者 月額料金 縛り期間 月間通信上限 縛りなしWiFi 3,300円 なし 無制限 縛りなしWiFi 2,800円 3年 無制限 hi-ho GoGo Wi-Fi 3,355円 2年 無制限 どんなときもWiFi 3,480円 2年 無制限 NEXT mobile 3,490円 2年 30GB 限界突破WiFi 3,500円 2年 無制限 SPACE Wi-Fi 3,680円 なし 無制限 MUGEN WiFi 3,880円 2年 無制限 famifi 3,980円 なし 無制限 カシモ WIMAX 4,079円 3年 無制限 Broad WIMAX 4,011円 3年 無制限 ONE MOBILE 4,150円 なし 20GB GMOとくとくBB 4,263円 3年 無制限 STAR WiFi 4,480円 なし 無制限 こうして見てみると一目瞭然ですが、縛りなしWiFiは 月額・縛り・通信上限の全てにおいて縛りなしWiFiが最高! 縛りや通信上限があっても月額料金が安くならないなら、条件の厳しいWiFiを使う理由なんてないですよね。 縛りなしWiFiとどんなときもWiFiでは月額料金は同等ですが、 どんなときもWiFiは2年縛りをやぶると最大19,000円の違約金をとられるので、その点考えると縛りなしWiFiの方がいい条件といえます! 縛りなしWiFiをおすすめできない人・できる人 縛りなしWiFiが他のWiFi業者よりもかなり好条件だということは、ここまでで分かってもらえたと思いますが、この章では縛りなしWiFiを実際 おすすめできない人・できる人を例にあげて紹介していきます! 「縛りなしWiFiが良いのは分かったけど、自分にあうのかな…?」と不安に思っている方は、自分がどちらに近いか比べてみてください。 縛りなしWiFiをおすすめできない人• 安い月額のWiFiを探している人• とにかく安いWiFiがいい人• 明日からWiFiを使いたい人• 新しいWiFi端末を使いたい人• 縛りのないWiFiを使いたい人• 初期費用無料のWiFiがいい人 縛りなしWiFiは業界最安レベルのモバイルWiFiなので、 とにかく安くWiFiを使いたい!という人にぴったり! 他社ではレンタルしていない 最新端末「WiMAXのWX05」を貸し出していたり、コスパがかなりイイという特徴があります。 また「縛り期間があっても月額をとにかく安く済ませたい!!」という方の要望にピッタリの「縛っちゃうプラン」があるのは縛りなしWiFiだけです。 上の項目に1つ以上当てはまる方が満足できるのはきっと、縛りなしWiFiだけでしょう! 縛りなしWiFiを契約する際、よくある質問・疑問を集めてみた!• クーポンコードはどこでもらえる?• 本当に速度は速い?• WiMAXかSoftbankか選べる?• いつでも解約できる?• 月額3,300円って本当に安い? Q1. クーポンコードはどこでもらえる? 今のところクーポンコードは発行されていないようです。 申込みのページにはクーポンコードの入力欄が表示されますが、このフォームは今後のキャンペーンのために設置されたもので、現在対応しているキャンペーンは存在していないようです。 本当に速度は速い? 他社よりも新しいモバイルWiFiルーターを使用しているため、他のサービスと比較しても速いといえます。 個人的には都内や都市部では常に10Mbps以上の速さが出る印象でした。 WiMAXかSoftbankか選べる? 基本的には契約者の使用エリアから、縛りなしWiFi側で判断し送付されます。 WiMAXもSoftbankもかなり広いエリアをカバーしているので、どちらでないと使えない!ということはまずありません。 もしそういったトラブルがあった場合には、サポートに相談すれば対応してくれるようです。 いつでも解約できる? いつでも問題なく解約できます。 ただし、契約した月の料金の支払いで2ヶ月分の料金を支払わないといけないため、実質的には2ヶ月の縛りがあるとも言えます。 月額3,300円って本当に安い? 間違いなく業界最安値クラスです。 どんどん新規参入が増えているモバイルWiFiルーターの事業ですが、そのなかでも縛りなしWiFiは圧倒的なコスパ! プランもかなりシンプルなので「よく分からないけど、とにかく安くWiFiを使いたい!」という人にもオススメできるのが縛りなしWiFiです。 「縛りなしWiFi」はおすすめできる ここまで、縛りなしWiFiを使ってわかったメリット・デメリットを中心にお話ししてきました。 サービスが始まったばかりなのでまだまだ知名度はありませんが、個人的にはこれからポケットWiFiを借りたい人におすすめできるWiFiと感じました。 やはり契約期間の縛りなしは大きなメリットで、初めてポケットWiFiを使う人にとって使いやすさを試してみたいと思う人も少なくありません。 その中で違約金なしで解約できるのは嬉しいポイント。 ぜひ一度、縛りなしWiFiを使ってみてはいかがでしょうか。

次の

評判悪い?「縛りなしWiFi」利用者の私が10のメリットデメリットを解説!

縛りなしwifi メリット

新型コロナウイルスで日本に戻らないといけなくなり、海外企業との連絡やテレワークでWIFIが必要。 でも、いつ海外に戻るかわからないから、2年や3年の縛りがあるプランは避けたいのよね。 なにかいいWi-Fiないかしら…… 昨今の新型コロナウイルス COVID19 の騒動で海外で働いておられたあなたは日本に戻ったきり外国に行くことができないという状況が続いているかもしれません。 仕事も自宅で行うことが強く進められている今日このごろ、格安SIMだけでは対応できないことも出てきたでしょう。 一からネットケーブルを引くとなると工事なども必要ですので、できればモバイルWi-Fiを考えたい、それにいつか状況が好転すればまた海外に戻って働く必要がある、そうなってくると、2,3年の契約期間、つまり「縛り」と呼ばれるものがないWIFI契約を行いたいと思うものですね。 それで調べていたところこんなサービスを見つけました。 この「縛りなしWiFi」なるプラン、どんなプランなのでしょうか? 「縛りなしWiFi」とは? 「縛りなしWiFi」はポケットWiFi や WiMAXのレンタルを行っています。 どちらも月々の通信制限はなく、 WiMAXの場合3日で10GB、 ポケットWiFi の場合1日2GBの通信制限で利用することができます。 フォン・ジャパン株式会社によって運営されています。 料金プラン この「縛りなしWiFi」では7つのプランが用意されています。 大きく分けると2つのプランがあります。 縛りなしのプラン と 格安だが3年契約の縛りが生じる「縛っちゃうプラン」です。 この記事をご覧のあなたはおそらく3年間使い続けるかわからないという人だと思いますので、当サイトのおすすめは「縛りなしプラン」の 「通常プラン」3300円 もしくは 「WiMAXプラン」4300円 です。 「縛りなしWiFi」のメリット この縛りなしWi-Fiのメリットとしては下のような事柄が挙げられます。 コスパが良い 月額料金が安く(縛りなしプラン3,300円)だけでなく、初期費用が1,000円です。 他の多くのサービスが初期手数料が3000円くらい架かるのに対し、かなり格安と言えるでしょう。 縛りなし 契約解除料、違約金が0円です(縛っちゃうプランは更新月以外の解約は15,000円請求されます)。 レンタルのためいつ解約しても大丈夫です。 月無制限 月間データ容量無制限で使うことができます。 (WiMAX端末の場合3日で10GB、SoftBank端末の場合1日2GBの速度制限有)。 格安SIMカードのように月の制限が定められていないので、リモートワークやZOOMのビデオ会議などにもぴったりだと思います。 最短翌日発送 申し込んだらすぐにWiFiを使うことができます。 それだったら安心ね! 縛りなしだが厳密に言うと…… 縛りなしを謳う「縛りなしWiFi」ですが、厳密に言うと、縛りなしWiFiは解約を申し出た翌月末が解約月となります。 そのため、1ヶ月だけ借りたいと言うことができません。 そのため、普通の海外からの一時帰国などで一週間や二週間だけ使いたいという時は適しません。 一ヶ月以上使うという時に「縛りなしWiFi」は力を発揮します。 電話でのサポートがない 昨今の新型コロナウイルスの影響で、お問い合わせに関して、お問合せフォームからの連絡のみとなっています。 電話でのサポートが受けられず、また、解約も電話での受付をしていません。 解約時の注意 解約はお問い合わせフォームからのみとなっております。 そしてWiFiルーターはレンタルなので、 返す必要があります。 使い終わった端末は、解約日の5日後までに返却しないと翌月分の料金が発生してしまいますので返すのを忘れないようにしましょう。 返却方法は、レターパックライトで届いたので、レターパックライトで返却と言う形でOKです。 端末が壊れたら弁償代が高いので、端末が壊れないように、プチプチか緩衝材を入れたほうが安心です。 他のサービスと比較すると…… このようにいくつかデメリットはありますが、他のサービスと比べると 格安 縛りなし この2つを考えた時にとても優秀なサービスということができるでしょう。 例えば、UQモバイルのWiMAXを 縛りなしで申し込もうとすると 端末費用 15000 初期手数料 3000 月額 4050 これで1年間に換算すると 66600円、12で割ると月5550円となります。 これは縛り無しでの申込みです。 UQモバイルは3年契約などでキャッシュバックされるプランなどもあります これに対し、縛りなしWiFi では 端末費用 0円 レンタル 初期手数料 1000円 月額 3300円 となり、 1年に換算すると40600円、12で割ると一月3384円となります。 2万円以上違ってくるという計算になりますね。

次の

レンタルするべき?縛りなしWiFiのメリット・デメリットを解説!

縛りなしwifi メリット

弁償料金の設定があるのは別に縛りなし Wi-Fi だけではなく、ほぼすべてのレンタル Wi-Fi で、同価格帯で適用されています。 契約時に「 」というオプションに加入すると、月 500 円の支払いで通常の弁済金 39,800 円が 10,000 円に軽減されるので、どうしても不安が残る人はこういったサービスをうまく活用するのもひとつの手。 「縛っちゃうプラン」に惑わされる わたしが契約した当初は存在しなかったのですが、最近「 」という新しいプランができたようです。 こちらは、 3 年間の契約期間がある代わりに、月額料金が 3,300 円(税抜)から 2,800 円(税抜)になるというもの。 たった 500 円の差でも、毎月継続してかかると考えると馬鹿にできません。 いつでもやめられると思って使用を開始した縛りなし Wi-Fi ですが、とても快適で気付いたら継続して 1 年が経過。 この先もずっと使い続けようかなと考えており、それなら「 」の方が良いのでは … ?と考えるようになりました。 ですが、そこで思い出したのが以前の Wi-Fi 解約時に発生した違約金のこと。 気持ちは揺らぎましたが、先のことは保証できないので、とりあえず利用は見送ることにしました。 どこでも PC が使える• データ通信量を気にしなくて済む• いつでも解約できるので気が楽• 固定 Wi-Fi と変わらない使用感 どこでも PC が使える 再び Wi-Fi を持ち歩き始めた一番の理由でもある、外出先での PC の使用。 作業場所の Wi-Fi 環境を確認せずに気兼ねなく PC が使えるって、とても快適です。 いちいち接続設定をしなくて済むので、すぐに作業を始めることができ、時短にもなります。 何より公共の Wi-Fi に比べて圧倒的にセキュリティ面が安心! データ通信量を気にしなくて済む 最近は PC を持ち歩くことが少なくなりましたが、スマホ利用にもやっぱり Wi-Fi があると便利です。 動画を観たり、写真のやりとりをするとどうしてもかさむのがデータ通信量。 7GB が 1 ヶ月の上限であることが多い中、わたしは両親(ほとんど Wi-Fi 利用)とデータ通信量をシェアしていてかなり余裕があるはずなのですが、それでも再び Wi-Fi を持ち歩くまでは上限ギリギリになることが多かったです。 「動画は容量が大きいから帰ってから観よう」と行動を制限されることがなくなり、いつでもどこでも自分の好きな時に利用することができるって、やっぱり大きなメリットだなと思っています。 いつでも解約できるので気が楽 を選んだ一番の理由でもある、契約期間のこと。 一般的に「契約期間」と言うと 2 年前後を指すことが多い気がしますが、 2 年間って、あっという間に見えて実は長いです。 わたしのように途中で予想外の出来事が起こることも十分考えられます。 「いやいや、違約金を払うことなんて実際ないでしょ」と思っていたら痛い目に遭いました。 期間の縛りがある契約は一見料金がお得なこともあって、つい心が揺らいでしまいますが、「リスクがあるから安い」ということを常に頭に入れておきたいと思います。 固定 Wi-Fi と変わらない使用感 「ポケット Wi-Fi は通信が不安定」と言われることがありますが、個人的にはまったくと言っていいほど違いを感じません。 実家や今の家で固定 Wi-Fi を使うこともありますが、それらの場所での通信と比べてもすぐ途切れるということや、通信が不安定だと感じることはないので、特にポケット Wi-Fi の懸念点ではないように思います。 むしろ、固定の Wi-Fi 回線は工事が伴うこともあるので、その点でも、契約したその日から手軽に利用を始めることができるポケット Wi-Fi の方が優れていると言えそうです。 ストレスも断捨離することで身軽になれる 物と同じように、直接目には見えない「ストレス」も断捨離することで、より身軽に生きることができるようになったと感じています。 再び Wi-Fi を持ち歩き始めて、バッグの中身はひとつ増えましたが、外出先の Wi-Fi の有無やデータ通信量のことでヤキモキすることがなくなり、ストレスフリーになりました。 わたしが今使っている は、以前持っていた Wi-Fi のように「あと 2 年使わなければならない」というプレッシャーもなく、嫌になったらいつでもやめられるという気軽さがあるのも大きなポイント。 Wi-Fi の利用を検討している人には、ぜひおすすめしたいサービスです。

次の