時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前。 7月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例・結び|ビジネス/お礼状

7月上旬の時期に挨拶は盛夏の候!ビジネスや梅雨明け前の例文

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

時候の挨拶 7月の梅雨入り前の時期 「走り梅雨(はしりづゆ)」 梅雨入り前の5月-6月ごろ、梅雨のように雨が降ることがあります。 これを走り梅雨(はしりづゆ)や迎え梅雨(むかえづゆ)と呼びます。 季語としては6月初旬の言葉ですが、5月の中旬頃から梅雨入りするまでを目安に使うことができます。 例文:雨が降って寒い日が続く、という意味で 「走り梅雨が続いておりますが、お変わりありませんか。 」 「お体を冷やさないようお気を付けください」 北海道では梅雨はありませんが、やはり5月下旬から6月上旬にかけて一時的に気温が低い時期があります。 これを、ちょうどライラック(リラ)の花が咲く時期であることから「リラ冷え」とよびます。 「リラ冷えの町」というと札幌のことを指します。 「梅雨入り」 梅雨に入った初めの頃は「梅雨入り」が使えます。 梅雨入りは気象庁がほぼ毎年発表しており、夏の始まりでもあります。 「梅雨入りとなり、しと降る雨が続いております。 」 梅雨入りすると、肌寒い日が続く時期もあります。 これを梅雨寒(つゆざむ)といいます。 「入梅(にゅうばい)」 「入梅」という字を見ると「梅雨入り」と同じ意味のように考えてしまいそうになりますね。 梅雨入りと同じ意味として使うこともありますが、6月11日ころを雑節で「入梅」とよびます。 これは田植え時期の目安の一つとなる暦上の節目です。 以上の言葉は梅雨入り以前の時期を目安に使う言葉なので、7月よりも前に使うことがおすすめです。 時候の挨拶 7月 梅雨明け前に使える言葉 梅雨入り~梅雨明けまでの、最中の挨拶です。 五月雨 梅雨そのもののことを「五月雨(さみだれ)」といいます。 旧暦で5月頃であることから「五月雨」といいます。 また、麦が実をつける頃であることから「麦雨(ばくう)」という言い方もあります。 「梅の雨」という言い方も、梅雨そのものを指します。 青梅雨 青梅雨(あおつゆ)も梅雨そのもののことです。 葉を茂らせた草木に降る雨の様子を指すことで、俳句の季語などに用いられます。 空梅雨(からつゆ) 空梅雨とは、梅雨の期間中ほとんど雨が降らない状態を表す言葉です。 梅雨の時期の雨の量が少ないと、水不足で農業や工業の水が不足したりすることもあります。 晴れた日が続くことから「照り梅雨(てりつゆ)」ともいいます。 例文:「空梅雨の青空が続いております。 いかがお過ごしでしょうか」 梅雨の中休み 梅雨の半ばの時期に、一時的に天気が回復して晴れの日が続くことがあります。 この期間のことを梅雨の中休み(つゆのなかやすみ)とよびます。 「梅雨の月(つゆのつき)」・「梅雨の星(つゆのほし)」 梅雨の時期、雨の合間の夜空に見える月や星のことを指しています。 雨雲の合間から見える程度のこともあれば、晴れた夜空に浮かぶ姿も風情があるものですね。 例文「梅雨の月が冴え冴えと見えますね。 」 五月晴れ(さつきばれ) もともとの意味は梅雨の合間にみられる晴れ間のことです。 この五月とは旧暦の五月のことなので、現在では6月に当たります。 ただ、最近では気象庁では「五月晴れ」は新暦(今のカレンダー)での5月の晴れた空のことを表し、もともとの旧暦5月の晴れのことは「梅雨の合間の晴れ」と呼ばれています。 男梅雨・女梅雨 弱雨がしとしとと長く続くような降り方を「女梅雨」(おんなづゆ)、 雨が降るときは短期間に大量に降り、降らないときは晴れる、という降り方を男梅雨(おとこづゆ)と呼ぶ言い方もあります。 送り梅雨 梅雨が終わりに近づくと、 この時期には雷をともなった激しい雨が降ることが多くなります。 積乱雲(入道雲)もみられ、この時期の激しい雨を送り梅雨(おくりづゆ)や荒梅雨(あらづゆ)、暴れ梅雨(あばれづゆ)と呼びます。 雷のことは「梅雨雷(つゆかみなり)」といいます。 気温も高くなり、細菌やカビなどに注意が必要な時期でもあります。 例(結びの文で)「送り梅雨が続く中、お健やかにお過ごしください。 」 時候の挨拶 7月 梅雨明け後の手紙の挨拶 梅雨が終わり、いよいよ夏を迎える時期です。 梅雨の期間の終了が発表されることを梅雨明け宣言といいます。 「梅雨明け十日」 梅雨明け後から8月上旬くらいまでは天気が安定することが多く、「梅雨明け十日」といいます。 この時期は猛暑に見舞われることもあります。 例文:「梅雨明け十日の暑さが続いております。 」 梅雨の終わり 梅雨の終わりを「梅雨明け」といいます。 梅雨明けのことを「出梅(しゅつばい)」ともいいます。 梅雨明けした後もぐずついた天気となり、雨が続いたり、晴れた後に再び雨が降ることがあります。 これを帰り梅雨(かえりづゆ)や返り梅雨、戻り梅雨(もどりづゆ)と呼びます。 梅雨とつくが7月以外の時期の言葉 菜種梅雨 菜種梅雨は、3月から4月にかけての菜の花が咲くころに降る雨のことです。 梅雨のように何日も降り続くことは少ないのですが、曇りや雨の日が続くことがあります。 すっきりしない天気が多い時期は菜種梅雨(なたねづゆ)と呼んで、春の梅雨として表すことも多いです。 近年は、暖冬傾向や温暖化の影響などもあり、2月下旬ころからこのような天気がみられる傾向もあります。 筍梅雨 筍梅雨(たけのこづゆ)は、筍が出てくる4月から5月にかけて降る雨です。 秋雨(あきさめ) おもに8月後半頃から10月頃にかけて、長雨が降り続く時期を「秋雨」といいます。 「秋霖(しゅうりん)」や、すすきの時期でもあることから「すすき梅雨」などとも呼びます。 すすき梅雨 すすき梅雨は秋雨の事を指します。 さざんか梅雨 おもに11月下旬から12月上旬にかけての、連続した雨が降る時期があり、「さざんか梅雨」といいます。 これは山茶花(さざんか)が咲くころに降ることからこう呼ばれています。 まとめ 7月の時候の挨拶や季語として、梅雨に関する表現をご紹介しました。 手紙や文書、お便りなどのご参考になれば幸いです。

次の

7月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例・結び|ビジネス/お礼状

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

この記事の目次• 7月上旬の時候の挨拶を選ぶポイントは? ・梅雨明け ・七夕 ・天の川 ・小暑 ・向暑 ・猛暑 ・盛夏 7月上旬と言えば待ちに待った梅雨明けです。 「 梅雨明け」というのはそのまま時候の挨拶に使うことができ。 7月上旬では最も一般的な言葉です。 その他にもイベントとして7月7日の「 七夕」やそれにちなんだ「 天の川」といった言葉も季節感が現れていますね。 また二十四節気の「 小暑」というのも7月7日ごろをさします。 その年や地域によって違いますが、 気候や気温の 体感を言葉にすることもできます。 7月上旬ですと日ごとに暑くなる意味の「 向暑」は6月に引き続き使いやすいです。 梅雨明けが早かった場合は7月中旬以降によく使われる「 猛暑」「 盛夏」も使えますね。 本来はお中元を持って挨拶に行くのですが、近年では百貨店やインターネットで相手先に直送する場合が増えています。 郵送する場合は手紙を添えたいですね。 同封出来ない場合でも別送で手紙または葉書を送るのが丁寧です。 親しい親戚や友人などに宛てた手紙と、ご家族の 仕事先関連の方や目上の方に送る場合を分けて例文を紹介します。 親戚や友人宛てに送る場合 まずは、親戚や友人に送る場合の例文です。 親しみをこめて丁寧な言葉を選ぶとよいですね。 書き出しの例文 まとめ 7初旬から上旬(7月1日~10日)にかけて、梅雨が明けると本格的な夏の到来ですね! 日差しもキツくなり、夏バテ対策も意識し始めるころですね。 そして、7日には七夕があり、夜空にロマンを感じる季節でもあります。 また、お中元は季節毎の挨拶を親しい人やお世話になった人に送る、日本の 大切な風習のひとつです。 直接お会いできない相手へは、ぜひ季節感あふれる手紙を添えて、日頃の感謝を伝えたいものですね。 時候の挨拶は、季節の言葉の選び方を知っていれば、 簡単にアレンジすることができます。 今回ご紹介した言葉を参考にして、あなたらしい挨拶で手紙を書いてみてくださいね。

次の

時候の挨拶 7月上旬~下旬 書き出しと結び|カジュアル・ビジネス

時候の挨拶 7月上旬 梅雨明け前

ビジネスや上司、先生などに送る場合は失礼のないようにしたほうが良いと思います。 ただ、そうでない場合には色々な形があっていいと思うので、大きく相手に失礼が無いようにすれば気持ちは伝わると思います。 堅苦しい挨拶だけじゃつまらないですしね。 では、先ほど上で見てもらった7月の時候の挨拶を使ったりして、どういった言葉で書きだしていくのか? その例文を一挙に紹介しちゃいますね。 時候の挨拶「7月」の書き出しの例文• 本格的な暑さを迎え、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 盛夏の候、ますますご壮健のこととお喜び申し上げます。 酷暑のみぎり、皆様お健やかにお過ごしでしょうか。 炎暑の候、お変わりなくご活躍のこととお喜び申し上げます。 梅雨も明け、夏真っ盛りの季節となりました。 夏の青空のまぶしい季節となりました。 いかがお過ごしでしょうか。 毎日うだるような暑さが続いておりますが、いかがおしのぎでしょうか。 暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。 太陽がまぶしい季節。 暑さもいっそう厳しくなってまいりました。 本格的な夏を迎え、汗をかいた後のビールがおいしい季節となりました。。 お風呂上がりのビールがおいしい季節になりました。 梅雨も明け夏本番。 木陰の恋しい季節となりました。 暑気日ごとに加わる折から、体調は万全でお過ごしでしょうか。 入道雲が沸き立つ季節となりました。 ご無沙汰しております。 今年の暑さは格別に感じられますが、皆様お変わりございませんか。 連日の熱帯夜にバテ気味の毎日です。 そちらはお変わりありませんか。 梅雨が明けて、日ごとに炎暑が増しております。 体調はお変わりございませんか。 いよいよ海水浴シーズン到来です。 皆様お変わりございませんか。 日ごとに暑さが増してまいりました。 いかがお過ごしでしょうか。 寝苦しい夜が続いておりますが、体調は崩されてないですか。 今年は冷夏とのことで、例年になく過ごしやすい日々が続いております。 真夏日が続いています。 暑さに負けていませんか。 これらの時候の挨拶は、目上の人に送るケースの文と、気軽に友達に送るケースの文が混ざっているので、それぞれで送る人に失礼のないようにチョイスしてください。 では、次は、 最後にどのような言葉で締めるか? その結びの言葉について見ていきましょう。 酷暑の折から、くれぐれもご自愛くださいませ。 今年は例年にない暑さとか、くれぐれもご健康にご留意ください。 暑さなお厳しい折から、どうぞご自愛専一に。 しのぎがたい暑さが続きますが、ご一同様のご無事息災をお祈り申し上げます。 食の進まない暑さが続きます。 お互い夏バテには気を付けましょう。 暑さに負けず、お互い健康に気を付けて夏を乗り切りましょう。 寝苦しい夜が続きます。 夏風邪などひかれませんようご自愛ください。 ご壮健にて、この暑さを乗り越えられますよう。 猛暑の折、どうかお体にお気を付けくださいませ。 毎日の猛暑は体にこたえます。 夏バテしないように体調には十分ご留意ください。 高温続きの毎日です。 熱中症にはくれぐれもご注意ください。 夏の夜は寝不足になりがちです。 ご自愛くださいませ。 酷暑のみぎり、くれぐれもお体を大切に。 猛暑の折から、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。 まだまだ猛暑の日々です。 皆様、夏風邪など召されませんように。 今年は冷夏ですが、油断なきよう体調にはお気を付けて。 夏バテなどされませんように、体調には十分ご留意くださいませ。 楽しい夏休みをお過ごしください。 お体に気を付けて。 実りある夏休みのためにも、ご壮健にてこの暑さを乗り越えられますよう祈念いたします。 このようにたくさんの例文を用意したので、これをそのまま使ってもらってもいいし、アレンジしてあなたのオリジナルを作ってもらうのもいいと思います。 色んな文章作りの参考にしてくださいね。 暑中お見舞い申し上げます。 梅雨が明けて、日ごとに炎暑が増しております。 体調はお変わりございませんか。 今年は、子供が生まれてからはじめての夏になります。 心配性の私は、子供が熱中症にかからないようにどうすればいいのか、悪戦苦闘中です。 それにはやはり、こまめな水分補給と、熱のこもる場所に長時間いないことなど、私自身も勉強になることや発見がたくさんありました。 そして上旬・中旬・下旬で使う言葉のポイントとその書き出し、結びの言葉、そしてそれらを合わせた手紙の形を見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 7月は暑中お見舞いという形で、今まで連絡を取りにくかった人ともとりやすいいい機会ではないかと思います。 内容としては、 「暑さが厳しいので体調を崩さないように」といったことがメインとなりますが、その中でも暑いなりに何か楽しい事などがあれば盛り込んでいけたらと思います。

次の